yogastudio

March 17, 2014

3月チャリティヨーガ:追加報告

ご報告するのが遅くなりました。

3月11日の翌日のクラスで、

その日に参加出来なかったからと
Rさんからも寄付金3,000円をいただきました。

ありがとうございます。
大切にお預かりします。

2014年、今年のチャリティクラスの累計額は

71,000円となりました。


どうぞよろしくお願いいたします。



岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ




moriokayoga at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 11, 2013

11月のチャリティヨガご報告

今日のチャリティヨガ
8名の方にご参加いただきました。
いつもありがとうございます。

今回も当日参加出来ないAさんからも寄付を預かり、

合計10,000円。

累計130,500円になりました。

皆様のご協力に感謝いたします。

今年1年分を大切にお預かりして、
被災地支援活動へ寄付します。


今日は濱ちゃんも来てくれたので、
また最初に少し、

今の被災地の状況、
周りの方の心境などを話してもらいました。

なんだかんだ言っても私の中で、
被災された方の切実感を感じる心が
薄れていたんだと今日実感しました。

濱ちゃんから、直接、
被災された現実と向き合っている方々のお話を聞くことで、
まだ全然、癒えていない悲しさや、
今を一生懸命に生きているひた向きさに気持ちを動かされ、

濱ちゃんのスピーチは短いものでしたが、
とても思いがこもっていて
集まったみんなと聴くことが出来て本当によかったです。

ありがとうございます!!

濱ちゃんは、復興支援センターで開かれていた
震災直後の写真を展示した「リメンバー大槌」を見に行き、
その後、「あの時、何があったのか」
震災直後の状況を町の人が話す報告会に参加したそうです。

その時の消防団の方の話をしてくれました。

その方は仕事で町の人たちを避難させていたのですが、
助け切れず、波に飲み込まれる寸前の町民の方と
一瞬、目が合ったこと。

それでも何も出来ず、今も悔み続けていること。

そして、その間にご家族の命も奪われていたことなど・・・。

聴いていて胸がつまりました。


今、一緒にいる大切な人が、
突然いなくなることを想像してみてください。




その方のメッセージです。

本当に、

切実に想像して、

今を過ごしていきたいです。



今、やっと、

少しづつ、

自分の思いを話せる人が出てきたのではないかと
濱ちゃんは言っていました。

本当に心のケアが必要になるのはこれからだと。

ご家族の消息がまだわからない
濱ちゃん自身が被災者でありながら、
アロマでのグリーフケア
(人生を共有してきた大切な人達との死別の苦痛のケアの事)や、
カウンセリングを一生懸命学んでいる姿には
頭が下がります。

そして、そんな風に、
痛みを経験した人が、
それを乗り越えて、
周りを支えていこうとしていることに
私自身も鼓舞されました。

集まってくれる人がいて、
この小さな会が成立していることもありがたいです。




震災から2年と8か月。

今日はあの日を思い出すような冷え込みですね。

沿岸の皆さんが寒くないといいのですが。。。




岩手 盛岡 ヨガスタジオ シャンティシャンティ



moriokayoga at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 16, 2013

10月のチャリティヨガご報告

今日のチャリティヨガ
4名の方にご参加いただきました。
いつもありがとうございます。

前のクラスにご参加のKさん、Nさん、
今日参加出来なかったKさんからの分もあり

合計7,000円。

そして今月13日に開催された
「音と癒しのヨガWS 音SENツアー2013 in 盛岡」
ウェーブリングヨガとルーシーダットン+クリスタルボールと
盛りだくさんの企画を立ち上げた
主催者、阿部和恵さんから、
売り上げより10,000円の寄付を預かりました。

和恵さん、ありがとうございます。
大切にお預かりしておきますね。


今月合計17,000円。

累計120,500円になりました。

皆様のご協力に感謝いたします。

今年1年分を被災地支援活動へ寄付します。


来月のチャリティヨガは

11月11日(月)
18:30〜20:00です。

皆様のご参加、引き続きお待ちしております。




岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ

moriokayoga at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 20, 2013

トシ先生監修本 『ほぐしヨガ プログラム』

夏休みが終わったら・・・
トシ先生のWSです!

『The FIFTH ELEMENT YOGA WS』


556313_560057810727994_101993374_n6b0962e4-s







2日間を通じ 「自分らしさ」 をテーマに私たちと密接に関係する
自然界の構成要素の理解を深めていきます。心踊るシークエンスと卓越されたアライメントのテクニックなどにも触れていきます。

◆日時:8月31日(土)〜9月1日(日)

。厳31日(土) 11:00〜13:30 『地』
■厳31日(土) 15:30〜18:00 『水』
9月 1日 (日) 10:00〜12:30 『火』
ぃ昂 1日 (日) 13:30〜16:00 『風』

詳細はこちら ⇒ 『5エレメントヨガWS』




51Xkl3A4FdL__SS500_
ただいま絶賛発売中のトシ先生監修本

『ほぐしヨガ プログラム』 もおススメ!


自分に合ったポーズの調整の仕方がわかる素敵なガイドbookになっています。

これを片手に自分に just fit のヨガを楽しましょう〜スタジオにも置いておきます♪




これからご予約の方は懇親会の参加の有無も
お書き添えくださいね。

皆様のご参加、お待ちしております。

DSC_0112DSC_0111








岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ

moriokayoga at 15:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 08, 2013

エリック先生からの贈り物:オモシロブログ最終回

530468_10152362328175657_1120209635_n









写真はエリック・ストーンバーグ先生の
愛くるしい御子息、ジャスパー君。

カワイーーっ♪♪

思わずこちらも微笑んでしまいますね。
パパと一緒にいる幸せ感が写真いっぱいに溢れています。

エリック先生の翻訳ブログ、最終回は、
先生の家族愛もしみじみと伝わってきます。

ヨガの技法のひとつ、ムドラーのお話です。

原文はこちら

*************************
*************************



亀の印
2012年11月7日


回転木馬

<ハリケーンで水に浸かる“ジェーンズ・カルーセル(回転木馬)”
−ブルックリン、ニューヨーク>

タントラにおけるムドラーのプラクティスは、印象付けの術だ。世の中は、常に私たちに印象を与えている。毎日、刻一刻と、イメージや態度や信条などの絶え間ない流れが、私たちに印象を残していく(襲いかかる?)。ニューヨークにおける一瞬一瞬が、刺激的な情報の集中攻撃になり得る。どうすればこれを減速させ、価値あるものを受け取ることができるようになるのか?タントラのヨギーが用いる技術の一例が、ムドラーなのだ。

この1週間ほどで、ニューヨークには相当の痕跡が残された。昨日、大統領選の投票所で大混乱に巻き込まれた人もいれば、5分で投票を終えた人もいた(僕)。ハリケーン・サンディーがやって来て、その衝撃を皆が感じた。永遠に続くものはないということを、母なる自然がまた思い出させてくれた。先週、マンハッタンのダウンタウンを歩いていて、とても無防備に感じた。私たちが住んでいるこの大都市、頑丈で不変に見えるが、一瞬で全てなくなってしまうこともあり得る。

嵐の後、多くの人の日常生活のリズムが変わった。時間そのものが、まだ変な円を描いて動いている。時間の境も、はきりしなくなっている。かつてないほどに家を早く出てバスや地下鉄に乗るが、それでも目的地には遅れて着く。しかし、そのような状況であっても、人々の雰囲気は落ち着いている。明らかに、私たちは皆、自分がいかに恵まれているかをよく考えている。そして今度は北東からやって来る嵐が、家の中にいろと、私たちに念を押す。

我が家に勝るところはない。家を破壊された多くのニューヨーカー達の映像を見るにつけ、これまでになくそう感じる。そういう映像を見たり、奪われた命や被害を受けた地区の話を聞いたりするのは、本当に苦しい。だが、今まで生きてきたなかで、何回このような映像を目にしただろうか。数え切れないほどだ。ありふれ過ぎていて、つまらないくらい。奇妙に複雑な感情だ。

実はハリケーン後、とても素敵な1週間を過ごした。息子の学校は休みで、ダウンタウンの友人らが私の家へ泊まりに来ていた。本当に楽しくて、美味しい料理を作ったり、レゴのブロックやビー玉転がしのレールを組み立てたり(ハリソンおじさんが凄い技を教えてくれた)、素晴らしい仲間と一緒にいる時間を満喫した。トリック・オア・トリート(ハロウィンのお菓子ねだり)も。自分がいかに恵まれているかを考えると同時に、破壊や喪失の映像や話を見聞きするにつけ、自分がもっと手助けしていないことに罪悪感を覚え、先行きに不安を感じ、精神的に疲れてしまった。繰り返しになるが、この複雑さをどう捉えればいいのだろうか?

タントラでは、亀のイメージにインスピレーションを求める。賢く、太古からの生き物である亀。長く、長く生き、何もかも見てきた亀は、時間をかけ、どこにいようと常にくつろいでいる。甲羅の中に引きこもった亀を見て、隠れていると言う人もいるかもしれない。でも、タントラの実践者は、そうではなく、無限の可能性を秘めた世界に入り込んでいるのだと言う。世の中から離れるためではなく、内に広がる世界の中心を憩いの場所にするために、座って目を閉じ瞑想するヨギーと同じだ。

次の、簡単でグラウンディング効果のあるムドラーを試してみてほしい。クルマ・ムドラー、つまり亀のムドラーと呼ばれている。私の場合、瞑想前に行うと集中しやすくなり、また、徐々にと自分のものにしていくと、色々なレベルで作用するタントラの技術でもある。印象を残すのだ。(自分の人生における印象は自分で残していった方がいい。さもないと、世の中が勝手にその作業をやってしまうから)

手の甲の上に、もう片方の手のひらをのせる。左右のどちらが上になっても構わない、自分のやりやすい方で。親指以外の4本の指同士は重なっていて、親指は広げる。亀になった。見えた?リラックスして、数呼吸、このジェスチャーに身を任せよう。とてもグラウンディング効果がある。そして、時間の流れも遅くなるように感じる。安らぎのリズムに自分の心を開くと、価値のあるものを受け取ることができる。このジェスチャーが私たちに思い出させてくれるのは、複雑な感情の渦巻く場を含め、どこにいようと、自分の家にいるかのようにくつろげるようになる、ということ。そして最近の私にとって、このムドラーを作ることは、ニューヨーカーの皆に対するささげ物となっている。必要としている人たちに、家庭や温もり、そして愛などの恵みを発しているアンテナのようなものだ。私と一緒にこのプラクティスを行い、感想を聞かせてほしい。

kurma-mudra1


<私の先生であるダグラス・ブルックスが1980年代初頭に南インドのタミル・ナドゥで撮影。彼の先生であったスンダラムールティの息子、スリラムの手>


**************************
**************************


いかがでしたでしょうか。

クルマ・ムドラー。


2011年、3月。
同じような経験をした私たちに対しても
心温まる、贈り物になっていましたね。

エリック先生がこのブログを書かれたのは
2012年の11月7日。

このWSがなければ、きっと読むことが出来なかったこの記事を、

時間を自在に行き来して、今、みなさんにお届けできることに
不思議な・・・でも偶然ではないものを感じています。

古くから伝わる、ヨガのさまざまな技法。
それは、どこかの遠いお話ではありません。

私たちが、その伝統のおしえを、
少しでも身近な生活の中に取り入れることで


今がもっと充実して、

過去とのつながりが深まり、

楽しんで未来に向かえるよう、

ラジャナカ・タントラ哲学のエッセンスを
神話、アーサナ、瞑想を通じて、
エリック先生がガイドしてくださいます。


キャンドルライトの幻想的な光に包まれて
一期一会の夜をご一緒しましょう。

皆様のご参加、お待ちしております。


7/26〜28 
東京:スパンダヨガスタジオにて
「ラジャナカ・タントラ哲学 講話シリーズ」
3日間、みっちり受けたい方は東京へGoっ!

7月30(火)、31(水)、は盛岡にて開催。
『キャンドルライト マジック』
ラジャナカ・タントラ哲学の夜






岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ

moriokayoga at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 10, 2013

ワナカムヨガスクール(ディーサンヨガ) by マスター・スダカー 岩手初登場!

“インドの叡智 ‐ ワナカムヨガスクール”
(※ディーサンヨガからワナカムヨガスクールに名称が変更されました)
837D83X835E815B83X83_83J815BMaster_S_20071226_2712-1

たとえば、自分のヨガの基礎を見直したいと思っている人、哲学やスートラなどインド発祥のヨガの教えをヨガ発祥の地インド出身のヨガマスターからきちんと教わりたいと思っている人、自分のヨガプラクティスを一段上のレベルに引き上げたいと思っている人、ヨガを教えるという新しい道を志している人、ヨガの深い英知にふれたいと思っている人、そういった方に最適の、ワナカムヨガスクールbyマスター・スダカーのインドの叡智のつまった一日です。

南インドのシバナンダアシュラムで最年少マスターとなり、既に半生をヨガマスターとして過ごしてきたワナカムヨガスクールの創始者マスター・スダカーから直接、ヨガとその練習方法について教わる貴重な体験となるでしょう。

横浜ヨガフェスタや京都ヨガスマイルが発売開始後1時間以内で完売になることは、既に日本中のヨガファンの周知の事実。2012年に日本上陸したティーチャートレーニング“ヴィジョンオブヨガ”は、東京、大阪共に満員キャンセル待ち、強い要望に応えて再開講した2013年のヴィジョンオブヨガも48名が受講中と現在日本のヨガシーンを席巻中のワナカムヨガスクールbyマスター・スダカー。

現在アジアで最も予約の取りにくいヨガマスターとして名を馳せているマスター・スダカーのヨガの極意と真髄を存分にお楽しみください。

◆日時:9月23日(月)祝日
11:00〜13:00 “初心者向けワークショップ - アサナへの準備”
14:00〜16:00 “ヒップと肩の関係”


◆場所:yoga studio シャンティシャンティ
岩手県盛岡市大通1-11-2-2F パランビル
TEL:090-5834-1811

大きな地図で見る


◆詳細
9月23日 月曜日 
11:00〜13:00 “初心者向けワークショップ - アサナへの準備”


皆さんは、ヨガのマットに立つ前に、ポーズをとる前に、準備をしていますか? 緊張した身体のままでマットの上に立って、ポーズを取ることは、かえって身体に害をなすことをご存知ですか?
これからヨガを始める方、ヨガを始めてまだ一年未満の方、行く先々のヨガクラスで異なることを言われて戸惑っている方、もしくは、自分は身体が硬いと思っている方、そんな皆様に最適のワナカムヨガスクールbyマスター・スダカーによる“初心者向けワークショップ”です。
もしくは、ヨガは毎週練習しているけど、本当に自分のヨガは正しいのか自信のない方、マスター・スダカーが正しい練習方法と正しい感じ方をわかりやすく解説いたします。今後の皆さんのスタジオでの練習に活かしていただける“アサナへの準備”方法を伝授いたします。
“アサナはアサナでは上達しない”と断言するマスター・スダカー、ヨガ発祥の地インドで半生をヨガと共に生き、世界中で“The teacher of the teachers(先生の為の先生)”と異名をとるヨガマスターから安全かつ正しいヨガの基礎を学ぶまたとない機会です。
ヨガ初心者の方はもちろんのこと、ヨガ初心者にヨガを教えているインストラクターにも最適のワナカムヨガスクールの初心者向けワークショップをお見逃しなく!

9月23日 月曜日 
14:00〜16:00 “ヒップと肩の関係”

「股関節が固い」「肩が固い」「もう柔らかくなることはない」とあきらめている多くのヨガの練習生にとって、この間違った思い込みを取り除くことからはじめたい、とマスター・スダカーは考えます。固まった股関節、あるいは年齢とともに固くなりがちな肩の関節は、 体を疲れやすくするだけでなく、ヨガの練習生にとっては快適で安定したアサナを続ける妨げとなります。そして精神的にも問題を与えてしまうのです。このクラスでは 、ワナカムヨガスクール独自のアプローチで十分に体を温めながら、股関節と肩を徐々に開いていくための練習方法をお伝えします。この練習を日常でも取り入れていただくことで、股関節と肩のこわばりを少しずつ解きほぐし、解放していくことを目指します。股関節と肩を解放することで、肉体的な心地良さを感じるだけでなく、精神的な開放感を得られる体験を是非してみてください。
横浜ヨガフェスタ、京都ヨガスマイルがチケット販売開始から1時間以内で満員完売となったワナカムヨガスクールbyマスター・スダカーの“ヒップと肩の関係”は日本では一番人気のクラスのひとつですが、香港で教鞭を取って8年間一度も同じフローを繰り返したことがないことで有名なマスター・スダカー、“ヒップと肩の関係”も日本全国、毎回内容もアプローチ法も異なることからリピーターが続出中です。



◆講師:プロフィール
Master S_20071226_2819Master Sudhakar
マスター・スダカー

インドで最も神聖な都市の一つカンチプラムで生まれ、11歳からヨガを始める。
スワミ・チャンドラナンダに弟子入りし、15歳でティーチャートレーニングを終えると、国際シヴァナンダ・ヨガ・ヴェダンタ・センターにて最高の指導者を意味する「ヨガ・バスカラ」を受賞。さらに2001年には「ベスト・ヨガ・マスター・アウォード(最高指導者賞)」を受賞。
インドや各国で開催される20以上のインターナショナル・ヨガ・コンペティションのジャッジ(判定)もつとめる若き天才ヨガマスターは、すでに15年以上指導を続けており、その生徒数は20,000人以上に及ぶ。

7年前に香港に拠点を移し、ハタヨガをベースにしたディーサンヨガ創始者として、アジア・ヨガ・カンファレンスには2008年から6年連続参加。
香港のみならずアジアで不動の人気No.1のヨガマスターの座を確立している。
数々の国際ヨガコンペティションで、ヨガチャンピオンやメダリストを輩出してきたが、中でも毎年1月に南インドポンディチェリ州で開催されるインドで最も難関とされている国際ヨガコンペティションは、柔軟性のみを競う通常の競技会とは異なり、アサナの演技、サンスクリット語によるヨガ哲学の筆記試験、口頭試験の総合点によってチャンピオンが決められる。2007年、彼の香港在住の日本人生徒二人を優勝、準優勝に導く。2010年には17年間のコンペティション史上初の非インド人ヨガチャンピオン(総合優勝)を香港から輩出するという快挙を成し遂げた。

2008年以降、香港・シンガポール・台湾にて全米ヨガアライアンス認定200時間のティーチャートレーニングを開講し、各国より多くの受講者を集めている。日本では、2010年に初来日を果たし、現在全てのワークショップが満員となる人気ぶり。2010年から連続4年招かれている国内最大のヨガイベント横浜ヨガフェスタや京都ヨガスマイルでは初日数時間で全チケットが完売し、現在アジアで最も予約が取りにくいヨガマスターと称されている。
2012年に日本上陸した“ヴィジョンオブヨガ”と名付けられたティーチャートレーニングも満員キャンセル待ち続き、2014年にはRYT200を超えた500時間コースとして本格的にヨガを学ぶコースとして始動予定。
香港で教鞭を取ってから7年間一度も同じクラスを繰り返したことがないと言われる独創的なフロー故に、フローの天才との異名をとるが、芸術的とも呼ばれるフローの魅力以上に、ヨガ発祥の地インド出身の半生を既にヨガと共に生きてきたヨガマスターならではの教えに圧倒的な支持が集まっている。
http://www.VanakkamYogaSchool.com/ja/


◆受講料:1クラス 6500円 終日 12000円

※キャンセルポリシー
7月末までー0%
8月末までー50%
9月1日からー100%

※2クラス参加の方の早期割引が適用されます。
●一般の方 ⇒ 7月15日までのご予約で12,000円
●スタジオチケット(9/23が有効期限内のもの)をお持ちの方と
●VoY(ディーサンヨガのTTC生) ⇒ 7月末日までのご予約で12,000円

◆ご予約:件名「ワナカムヨガスクールWS」
,名前
当日つながる連絡先と住所
受講クラス番号を明記の上、shantishantiyoga55
の後に@をつけて、yahoo.co.jpまで。

●お電話にて
TEL:090-5834-1811(留守電に上記の内容をお願いします)
ご連絡後、48時間以内に詳細のメールを返信orお電話致します。

◆持ち物
動きやすいお着替え。タオル、水分補給するものなど。
ヨガマットは限りがあります。必要な方はご予約時にお伝えください。


◆About Vanakkam Yoga School
ワナカムヨガスクールとは

サンスクリット語で「知性」を意味する“ディーサン”にちなんで、2008年にハタヨガをベースに、古代インドから伝わるヨガテクニックをより正しく体得するためにマスター・スダカーがディーサンヨガ(Dhesan Yoga)の指導を開始。

ところが、マスター・スダカー自身の名前(スダカー・ディーナン)との混乱も多く、且つ、ヨガの新流派として捉えられることも少なからずという状況下、2013年6月、スクール(学校)という概念に重きを置き、ディーサンヨガ改め“ワナカムヨガスクール Vanakkam Yoga School”と名称を変更。ワナカムとは南インド・タミール語で「敬意」を意味し、Vanaはサンスクリット語で「知性」を、Kaamは「喜びと愛」を意味する。

ワナカムヨガスクールでは、アサナのみを重視するのではなく、哲学や日常の心のあり方(ヤマ&ニヤマ)、呼吸法などヨガの叡智全てを重視し、知的かつ精神的にアサナへアプローチしていくことで、本来の正しいアサナを自然に習得していく、という独創的かつ最も合理的な手法を用います。
ヨガ発祥の地インドのみならず、香港、台湾、シンガポール、韓国、日本でも大人気を博し、大勢の生徒たちがマスター・スダカー指導のもと、柔軟性のみならず、精神的強さ、忍耐力、そして知性を磨くことを目標とし、“学びは一生”の理念に沿って学習し続けている。彼のワークショップやクラスではアサナに固執することなく、アサナに向かうプロセスを重視し「ローテーション」という独自の練習方法や段階的に身体を開いていく知的アプローチによって、最終的に安全に高度なアサナへ導いていく。言い換えれば、アサナを追いかけるのではなく、アサナが自ずとやってくる練習方法を伝授し続けている。
個々の心身の限界点が引き上げ、生徒に盲目的に追従するのではなく、自ら考え、自らの内面と対話するというヨガの真髄を伝授するのが、ワナカムヨガスクールbyマスター・スダカーの比類なき特徴でもある。

彼のユーモアと洞察に満ちたレクチャーも魅力の一つ。1時間のマットの上での練習が、残りの23時間のマットの外で生かせるよう、マスター・スダカーは“真のヨガ道”へと導いてくれる。



◆ヨガスタジオ シャンティシャンティ地図
シャンティ地図














岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ

moriokayoga at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 14, 2013

マーティン先生のWS 写真について

hilight-image







シャンティシャンティのフェイスブックページに
今回のマーティン・カーク先生のWSのアルバム、
残りの2つをアップしました。

2月9日「解剖学とアジャストメント」

2月10日「下半身のセラピューティック」

今日のクラスで、
このフェイスブックページをスマホで見ることができなかったと
おしえていただきました。

基本的にはフェイスブックページは
どなたでも見ることができるようになっているはずなのですが

見れないこともあるようです。

原因は様々です。

ご参考)

http://n1kumeet5.com/2012/01/facebookpage/


ブラウザやOSはたまた回線といった各種の条件によっては、

見れなくなるようです。

もしも見られない場合、

ブラウザの種類やOSの種類、auの3G回線ではないか?

などを確認されてみてください。

皆さんの素敵な表情がたくさん撮れているので
ぜひご覧になっていただきたく、
どうぞよろしくお願いいたします。



岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ

moriokayoga at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 11, 2013

無事終了しました。

マーティン・カーク先生のWS、
とってもとっても素晴らしい、
心温まる、3日間でした。

明解でわかりやすい指導はもちろんのこと、

ひとりひとりしっかり見てくれる
観察力の鋭さはもちろんのこと、

でも何よりも、

温かい、心のこもったアジャストの数々・・・

マーティン先生の愛情と熱意が胸に響いた3日間でした。

今回のWSも
企画していただいたスパンダヨガの久美ちゃんをはじめ、
たくさんの方々のご協力のもとに開催することが出来ました。
本当にありがとうございました。

mikiさんには何から何まで!

宣伝には仙台の典子さん、

地元では美香さん、佳世さん、純子さん、
myucreのみゆきさん、

八戸のミキさんや、
恵さんや真千子さんのお声掛けもあって
セナジースタジオのバリー・グロスマンさんとも
初めてお会いすることができました。

笑顔の優しい、とても素敵な方でした。

東京からは三夏先生のサポートをいただき、

ウェルカムボードを作ってくれた智恵美さん、

当日はミッチーにもまたまたお世話になり、

写真はジュリさん。

お弁当まで作ってきてくれたクルミちゃん・・・

そしてそして、この日を楽しみにご参加された皆様、
東京や、岡山からも(もちろんヒロシさんのこと)お越しいただき、

本当にありがとうございました。

今、ホッとしているのと同時に

なんだかあまりに和やかで、
アットホームな雰囲気のWSだったので、
ちょっぴり寂しいです。
帰りにヨネちゃんも言ってたけど・・・。

本当にアッ・・・という間に
終わってしまったものだから・・・。

去年は、ひとつのWSが終わるときには
次の企画があったのですが、

今回は今後の予定はまったく立っていないです。

すこしゆっくり考えます。


WSの模様、スタジオのFBページのアルバムに
アップしていきます。

4つあるうちの2つを取り急ぎアップロードしました。

こちらからご覧ください。

2月8日「アーサナWS」


2月9日「上半身のセラピューティック」


スタジオが、みんなが足を運んでくれることで
その集まるエネルギーで少しづつ育っていっている・・・

そんな感じがします。

この連休にWSへの参加を選んでくださり
ありがとうございました!

また、集まって、

楽しみましょう。



岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ



moriokayoga at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 01, 2013

股関節をひらく喜び

来週は2月8日(金)。
マーティン・カーク先生のWSまであと1週間と迫りました!



ヨガに出会うまで、とても姿勢の悪い人生を送ってきました。

小学校の頃から、机の上のノートを斜めにしてしか字が書けず
背骨も側彎していた。

股関節がとても硬かったんです。
骨盤の前傾、後傾運動が全然できない感じ。

ヨガを始めて、インストラクターになって、
頭を悩ませたのが股関節の硬さ。

だってサマにならないんですから・・・。

あの頃焦って、無理に開こうと練習して
股関節に水が溜まったこともありました・・・(汗)

お恥ずかしいです。

今は、

まだ硬いながらも
その股関節とどうにか折り合いをつけることが
気持ちの上では出来ています。

その頃には感じられなかった
股関節を開いていく気持ち良さを
今は、充分に味わうことができる。

でも誤解しないでいただきたいのは、
だんだんと開いてきたから気持ちいいのではなく、

きっと、硬くてあまり開かなくたって、

自分の身体の柔軟性がどの段階にあろうとも、

ホントは感じられることができる喜びです。

今、この時に、しっかりと居続けることができれば。


痛める前の私は、

股関節が開かれた先の、結果しかみようとしなかったから、

硬い自分の身体を好きになれなかったから、

開かない自分の股関節を苛めていたから、

そんな風に未来や過去をさまよって、

今この時に、ちゃんといることが出来なかったから、

その気持ち良さを味わうことが出来ませんでした。


股関節を開くポーズ・・・

例えばピジョンの準備ポーズに入ります。


ゆっくり呼吸をして、

身体の軸を内側に感じるために全部を中心に引き入れながら、

太ももを内旋させたり、尾骨をおろすようにしながら
骨盤をひらいていく。

中心軸のその中に呼吸の軌道を確保していく。

そのイタ気持ちいい状態の中で、

あともう少し

あともう少し

呼吸を重ねる。

骨盤を根付かせる。

イタキモの海の中に沈んでいく、なんともいえない静かな時間。

ポーズから抜け出した時には、
全身の力が抜けるようなヘロヘロ感。

シャヴァーサナすると、もう下半身の感覚がないような軽さを感じて、
でもまた呼吸を深めていると

波がよせてはかえすように、それは重さとして戻ってくる。

自分の身体の重さと軽さを感じられる心地良さ。

股関節が開かれると、
骨盤が安定して、

骨盤が安定すると、
快適に座ることが出来て、

快適に座れると、
自分の中に重さと軽さを同時に感じながら、
今に、しっかりとつながることができる。

そんな股関節を開いていく喜びをいうものを
ヨガに出会うまで知らなかった。


ヨガを通して、そんな気持ち良さも伝えていきたいのです。



そのためにも、もっともっと身体のことも一緒に学んでいきたい。

今回、マーティン先生をお招きするにあたって、

セラピューティックの内容はどんなものがいいか聞かれました。

迷わず、下半身は股関節にアプローチしてほしいと頼みました。

私のように、股関節をもっと柔らかくしたいと思っている人や、

痛みを抱えている人が多いと思ったからです。

やはり、2月10日の股関節にフォーカスした
『下半身のセラピューティック』は一番人気です。

ご参加予定の皆様、どうぞお楽しみに♪

一週間後となりました、マーティン先生のWS

まだ間に合います。

この機会をお見逃しなく!



岩手 盛岡 ygoa studio シャンティシャンティ

moriokayoga at 00:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 04, 2013

1月のスケジュール変更のお知らせ

12月22日にお知らせしました1月のスケジュールを
変更させていただきたく、確認をお願いいたします。

お休みと代行クラスが増えました。

月末にお休みが続き申し訳ありませんが、
どうぞよろしくお願いいたします。

カレンダー、変更済です。


※2013年1月より
水曜18:30〜パワーヨガ⇒18:00〜アライメントに変わります。

訂正部分のみ、赤になっています。

◆1月のお休み
22日(火)10:30〜シヴァナンダヨガ(佳世)
27日(日)10:30〜アライメント
30日(水)2クラス共に。
31日(木)11:00〜リラックス
31日(木)19:30〜ビギナーズ


◆代行
29日(火)19:00〜リラックス(アキ)
31日(木)18:00〜シヴァナンダヨガ(佳代)



◆週末クラス、イベント
5日(土)11:00〜アライメント(ますみ)
6日(日)10:30〜アライメント(ますみ)

12日(土)11:00〜シヴァナンダヨガ(佳代)
12日(土)14:00〜『ヘッドスタンドをマスターするWS』(佳代)
13日(日)10:30〜アライメント(ますみ)

14日(月)チャリティヨガWS
11:00〜13:30
「2013年のサンカルパ(誓い)〜自分の意図を定める〜」
逆転のポーズと後屈をしていきます。
参加費:1500円。
売り上げ全額を被災地支援に寄付します。

19日(土)11:00〜ビギナーズ(アキ)
20日(日)10:30〜フィーリングヨガ(じゅんこ)

26日(土)11:00〜ビギナーズ(ミカ)
27日(日)お休み

前年度末の週末からお休みが続くため、
チケットの有効期限を10日間延長致しています。
2012年12月23日〜2013年3月21日までの有効期限の方が対象です。
必要のない方もいらっしゃるかと思いますので自己申告です。
延長されたい方は期間中に申請されてください。



2月8,9,10日に開催されるマーティン・カーク先生
『Yoga for Healthy Body』
〜もっと知りたい!心地いいカラダ〜
ヨガ解剖学とセラピューティックのWS

早期割引は1月15日(火)までになります。

今回は毎回全クラスを受講されている方々への感謝の気持ちも込めて
全クラス、または土日の4クラス受講の方へは
とてもリーズナブルなボーナスパックになっております。

この機会にぜひ一度、世界一流のヨガ講師による
WSを体験されてみてください。

マーティン・カーク先生は、ヨガ解剖学とセラピューティックの分野で
もっとも秀逸な講師であることを広く認められ、世界中でワークショップや
指導者養成トレーニングを教えています。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。





岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ

moriokayoga at 21:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)