住田町

September 23, 2011

けいこさんのヨガ教室 In 住田町

翌日18日は住田町で3回目のヨガ教室です。
住田町には3つの仮設住宅があります。
9月の初め、仮設住宅の集会所用にと2つのトレーラーハウスが提供されました。
917 027
今回はそのひとつがある、
本町団地にもお邪魔しました。
チェーンソーアートの門柱はフクロウ。
大胆な彫りが、味わい深いです。



917 025 
こちらがトレーラーハウス。
思っていたより大きく
充分な広さがありました。




917 037917 039







「腕を外側に開いていくと 胸が広がりますよ」

呼吸と共に身体を動かす気持ちよさを

心と体を調和を、ていねいに伝えていました。

917 032それでも皆さん、
まだまだ気を張って生活している状態・・・
ポーズによっては
リキミがちになる方々に、
「それ、頑張りすぎですっ!」と、
それとなく和ませ、笑いをとっていました。
  

その日は暑かったのですが、真新しい木目のフローリングも足に気持ちよく、
すぐ近くには川が流れ、涼しい風が入ってきます。
917 046
身体もスッキリしたところで
しばし団欒・・・
住田町の仮設住宅にはペレットストーブが寄贈されるそうです。
これからの寒さ対策の情報交換などもされていました。




午後はもうすっかりお馴染みの中上団地の小学校です。

917 048917 052 







日曜日は学童保育もなく、子供達も一緒に楽しみました。

917 055 

赤ちゃん連れのお母さんに
ゆっくりシャヴァーサナしてもらうため、
お守りもしつつ・・・




赤ちゃんに目が離せない、
自分のことなんか構ってられない時期にこそ
お母さんのためのヨガも必要なんだよね、とけいこさん。

その後も腰痛持ちの若お母さんに
日常動作のアドバイスをされていました。

恒例のお茶会では
コーディネーターの茂木孝子さんが洋酒の効いた
チョコレートタルトを作ってきてくれました。
食べることに夢中で写真撮るの忘れました・・・。

ヨガ教室に参加された住田町の皆さん、

孝子さん、
そして邑サポートの古山さんと、
ボランティアで来ていた奈良県立大学の古山さんの教え子さん達、
今回も、本当にありがとうございました。

邑サポートのブログでも紹介されています。


moriokayoga at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 03, 2011

住田町のこと

震災3日後に町長の多田欣一さんが県や議会の承認を待たずに
即決して作り出した住田町の仮設住宅。
もうすっかり有名で皆さんご存じかと思いますが、
詳しくはこちら

坂本龍一さんの「more trees」が支援しているプロジェクト
LIFE311はこちら。

先月からお邪魔している仮設住宅中上団地の前にこんなお迎えが・・・
828 020
チェーンソーアートの熊さんの門柱っ。

杣遊(そまゆう)会というチェーンソーアートの愛好会の方々が、住田町に3つある仮設住宅の前にそれぞれプレゼントされたそうです。

写真ではちょっとわかりにくいですが、瞳がとってもキュートな熊さんで和みます。

音楽や絵などのアートの底力を最近つくづく感じる今日この頃、
こういうのって、いいですよね。

住田町は森と清流に囲まれた、自然の豊かな静かな町です。
でも町長さんは熱い方っ。

森が90%の豊富な資源を生かして
「森林・林業日本一の町づくり」を掲げ、
バイオマスエネルギーの導入など
環境と共生していく姿勢もはっきりしていて頼もしい感じがします。

828 002
町営住宅も地元の杉を使った
木造、漆喰の壁。
宮大工さんが建てているそうで、
素敵すぎてびっくりしました。




住田町の3つの仮設住宅を支援しているのは
『仮住まい邑サポート』の皆さん。
ヨガの活動をブログでも紹介していただきました。
7月の三夏先生。
8月の様子。

私たちがお世話になっている木村さんと古山さんは
お若いですが二人とも大学の先生。
中越地震の山古志村での復興の支援もされてきたそうです。
お仕事もお忙しいながら、こちらにも住み込んで
邑サポートのプロジェクトを立ち上げた方々です。

廃校でしばらく使われていなかった
旧下有住(しもありす)小学校を
仮設住宅の集会所として再生されました。

前回お邪魔したときはトイレも使えない状態、
ご苦労も多かったと思いますが、
とても心地いい、広々とした、素敵な集会所になっています。
828 019828 016







おかげさまでヨガもでき、その後のお茶会でも皆さん、くつろがれてました。
828 015







空間・・・って、大切ですよね。

仮設住宅の規定は一戸あたり29.7屐
家族4人を想定しているらしいですが、厳しいものがあるかと思います。


週末ごとにイベントなどを企画したりと
仮設住宅に暮らす方々がコミュニケーションを深めていく
支援を続けている邑サポートの皆さん。

CIMG2001その他にも、仮設住宅の共同農園を指導している地元の野菜作り名人の水野さん。
ご自身も陸前高田で被災しながら、週末は仮設住宅を回って、野菜やその他の食品を被災者の方のために安く提供している村田さん。
役場の震災サポートの佐々木さんなど、

本当にたくさんの方々がそれぞれ活動しています。

ほんのちょこっとではありますが、
集会所のイベントの一つとして、
皆さんにヨガも楽しんでいただけたら嬉しいです。

東京から熱い思いを胸に
三夏先生が立ち上げてくださった活動です。
続けていきたいと思います。

そして最後になりましたが
遠野まごころネットの考子さん!

今回はなんとお茶会のために
手作りで『ルバーブと葡萄のカスタードパイ』を作ってきてくれました。
828 014

参加された方にも大好評、
おいしかったですっ!!
作り方を聞いたところ、
自己流でレシピなし。


カスタードの固まるか固まらないかの感じが絶妙で
ただ者じゃありません。 

いつもありがとうございますっ♪

moriokayoga at 18:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)