WSのこと

July 29, 2013

ひそやかに育まれてきたおしえ

スパンダヨガスタジオにて
3日間のラジャナカ・タントラヨガ哲学講座を終えてきました。



南インドの片隅で

ヨガという、とてつもなく大きな教えの、
その歴史、伝統に敬意を払いつつ、


少しづつ、新しい流れを組み込み、
進化してきたヨガです。


世に広めようとか、
声高に何かを伝えようとすることもなく、

密やかに、

家庭を持って、日常生活を楽しんでいる人たちの間で、

くつろげる自宅でで車座になりながら、

グルもいなければ、

指導する人もいなく、

集まったコミュニティが育ててきたヨガ。

この3日間で、新しい扉をそっと開けたところです。


世界にはまだまだ素晴らしいもの、素敵なものが
たくさん隠されているに違いないっ!!

そんな気持ちになれます・・・


子供の頃の夏休みの始まりのときのような♪


明日からエリック・ストーンバーグ先生を
盛岡の皆さんにご紹介できることを
とても嬉しく思っています。

DSC_0075すべてはオーガナイザーである、スパンダヨガスタジオの久美子さんのおかげです。ありがとうございます!

今、エリック先生と骨休みで盛岡に向っています。
今日は花巻温泉にご案内♪

明日から、たった3回の
一期一会のタントラヨガ哲学WS、どうぞお楽しみに♪

DSC_0068

ガネーシャ・・・ガナパティと呼びます。

大好きなりましたっ♪






DSC_0064

何に見えますか??







岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ








moriokayoga at 13:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 17, 2013

骨盤ヨガWSの模様

13日、典子先生と美香先生の骨盤ヨガWS、
無事終了いたしました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

美香先生のブログに詳細がアップされていますので

ぜひご覧になってくださいね ♪♪




岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ

moriokayoga at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 08, 2013

エリック先生からの贈り物:オモシロブログ最終回

530468_10152362328175657_1120209635_n









写真はエリック・ストーンバーグ先生の
愛くるしい御子息、ジャスパー君。

カワイーーっ♪♪

思わずこちらも微笑んでしまいますね。
パパと一緒にいる幸せ感が写真いっぱいに溢れています。

エリック先生の翻訳ブログ、最終回は、
先生の家族愛もしみじみと伝わってきます。

ヨガの技法のひとつ、ムドラーのお話です。

原文はこちら

*************************
*************************



亀の印
2012年11月7日


回転木馬

<ハリケーンで水に浸かる“ジェーンズ・カルーセル(回転木馬)”
−ブルックリン、ニューヨーク>

タントラにおけるムドラーのプラクティスは、印象付けの術だ。世の中は、常に私たちに印象を与えている。毎日、刻一刻と、イメージや態度や信条などの絶え間ない流れが、私たちに印象を残していく(襲いかかる?)。ニューヨークにおける一瞬一瞬が、刺激的な情報の集中攻撃になり得る。どうすればこれを減速させ、価値あるものを受け取ることができるようになるのか?タントラのヨギーが用いる技術の一例が、ムドラーなのだ。

この1週間ほどで、ニューヨークには相当の痕跡が残された。昨日、大統領選の投票所で大混乱に巻き込まれた人もいれば、5分で投票を終えた人もいた(僕)。ハリケーン・サンディーがやって来て、その衝撃を皆が感じた。永遠に続くものはないということを、母なる自然がまた思い出させてくれた。先週、マンハッタンのダウンタウンを歩いていて、とても無防備に感じた。私たちが住んでいるこの大都市、頑丈で不変に見えるが、一瞬で全てなくなってしまうこともあり得る。

嵐の後、多くの人の日常生活のリズムが変わった。時間そのものが、まだ変な円を描いて動いている。時間の境も、はきりしなくなっている。かつてないほどに家を早く出てバスや地下鉄に乗るが、それでも目的地には遅れて着く。しかし、そのような状況であっても、人々の雰囲気は落ち着いている。明らかに、私たちは皆、自分がいかに恵まれているかをよく考えている。そして今度は北東からやって来る嵐が、家の中にいろと、私たちに念を押す。

我が家に勝るところはない。家を破壊された多くのニューヨーカー達の映像を見るにつけ、これまでになくそう感じる。そういう映像を見たり、奪われた命や被害を受けた地区の話を聞いたりするのは、本当に苦しい。だが、今まで生きてきたなかで、何回このような映像を目にしただろうか。数え切れないほどだ。ありふれ過ぎていて、つまらないくらい。奇妙に複雑な感情だ。

実はハリケーン後、とても素敵な1週間を過ごした。息子の学校は休みで、ダウンタウンの友人らが私の家へ泊まりに来ていた。本当に楽しくて、美味しい料理を作ったり、レゴのブロックやビー玉転がしのレールを組み立てたり(ハリソンおじさんが凄い技を教えてくれた)、素晴らしい仲間と一緒にいる時間を満喫した。トリック・オア・トリート(ハロウィンのお菓子ねだり)も。自分がいかに恵まれているかを考えると同時に、破壊や喪失の映像や話を見聞きするにつけ、自分がもっと手助けしていないことに罪悪感を覚え、先行きに不安を感じ、精神的に疲れてしまった。繰り返しになるが、この複雑さをどう捉えればいいのだろうか?

タントラでは、亀のイメージにインスピレーションを求める。賢く、太古からの生き物である亀。長く、長く生き、何もかも見てきた亀は、時間をかけ、どこにいようと常にくつろいでいる。甲羅の中に引きこもった亀を見て、隠れていると言う人もいるかもしれない。でも、タントラの実践者は、そうではなく、無限の可能性を秘めた世界に入り込んでいるのだと言う。世の中から離れるためではなく、内に広がる世界の中心を憩いの場所にするために、座って目を閉じ瞑想するヨギーと同じだ。

次の、簡単でグラウンディング効果のあるムドラーを試してみてほしい。クルマ・ムドラー、つまり亀のムドラーと呼ばれている。私の場合、瞑想前に行うと集中しやすくなり、また、徐々にと自分のものにしていくと、色々なレベルで作用するタントラの技術でもある。印象を残すのだ。(自分の人生における印象は自分で残していった方がいい。さもないと、世の中が勝手にその作業をやってしまうから)

手の甲の上に、もう片方の手のひらをのせる。左右のどちらが上になっても構わない、自分のやりやすい方で。親指以外の4本の指同士は重なっていて、親指は広げる。亀になった。見えた?リラックスして、数呼吸、このジェスチャーに身を任せよう。とてもグラウンディング効果がある。そして、時間の流れも遅くなるように感じる。安らぎのリズムに自分の心を開くと、価値のあるものを受け取ることができる。このジェスチャーが私たちに思い出させてくれるのは、複雑な感情の渦巻く場を含め、どこにいようと、自分の家にいるかのようにくつろげるようになる、ということ。そして最近の私にとって、このムドラーを作ることは、ニューヨーカーの皆に対するささげ物となっている。必要としている人たちに、家庭や温もり、そして愛などの恵みを発しているアンテナのようなものだ。私と一緒にこのプラクティスを行い、感想を聞かせてほしい。

kurma-mudra1


<私の先生であるダグラス・ブルックスが1980年代初頭に南インドのタミル・ナドゥで撮影。彼の先生であったスンダラムールティの息子、スリラムの手>


**************************
**************************


いかがでしたでしょうか。

クルマ・ムドラー。


2011年、3月。
同じような経験をした私たちに対しても
心温まる、贈り物になっていましたね。

エリック先生がこのブログを書かれたのは
2012年の11月7日。

このWSがなければ、きっと読むことが出来なかったこの記事を、

時間を自在に行き来して、今、みなさんにお届けできることに
不思議な・・・でも偶然ではないものを感じています。

古くから伝わる、ヨガのさまざまな技法。
それは、どこかの遠いお話ではありません。

私たちが、その伝統のおしえを、
少しでも身近な生活の中に取り入れることで


今がもっと充実して、

過去とのつながりが深まり、

楽しんで未来に向かえるよう、

ラジャナカ・タントラ哲学のエッセンスを
神話、アーサナ、瞑想を通じて、
エリック先生がガイドしてくださいます。


キャンドルライトの幻想的な光に包まれて
一期一会の夜をご一緒しましょう。

皆様のご参加、お待ちしております。


7/26〜28 
東京:スパンダヨガスタジオにて
「ラジャナカ・タントラ哲学 講話シリーズ」
3日間、みっちり受けたい方は東京へGoっ!

7月30(火)、31(水)、は盛岡にて開催。
『キャンドルライト マジック』
ラジャナカ・タントラ哲学の夜






岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ

moriokayoga at 12:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 29, 2013

『ディーサンヨガ』の名称が変更されました。

9月23日(月)祝
ディーサンヨガ by マスター・スダカーのWS

“インドの叡智”の告知をしていましたが、

ディーサンヨガの名称が、

『ワナカムヨガスクール』に変更されました。

内容等、他は何も変わらず、WSは予定通り開催されます。

名称変更に関してはこちらをご覧ください。


◆About Vanakkam Yoga School
ワナカムヨガスクールとは

サンスクリット語で「知性」を意味する“ディーサン”にちなんで、2008年にハタヨガをベースに、古代インドから伝わるヨガテクニックをより正しく体得するためにマスター・スダカーがディーサンヨガ(Dhesan Yoga)の指導を開始。

ところが、マスター・スダカー自身の名前(スダカー・ディーナン)との混乱も多く、且つ、ヨガの新流派として捉えられることも少なからずという状況下、2013年6月、スクール(学校)という概念に重きを置き、ディーサンヨガ改め“ワナカムヨガスクール Vanakkam Yoga School”と名称を変更。ワナカムとは南インド・タミール語で「敬意」を意味し、Vanaはサンスクリット語で「知性」を、Kaamは「喜びと愛」を意味する。

ワナカムヨガスクールでは、アサナのみを重視するのではなく、哲学や日常の心のあり方(ヤマ&ニヤマ)、呼吸法などヨガの叡智全てを重視し、知的かつ精神的にアサナへアプローチしていくことで、本来の正しいアサナを自然に習得していく、という独創的かつ最も合理的な手法を用います。
ヨガ発祥の地インドのみならず、香港、台湾、シンガポール、韓国、日本でも大人気を博し、大勢の生徒たちがマスター・スダカー指導のもと、柔軟性のみならず、精神的強さ、忍耐力、そして知性を磨くことを目標とし、“学びは一生”の理念に沿って学習し続けている。彼のワークショップやクラスではアサナに固執することなく、アサナに向かうプロセスを重視し「ローテーション」という独自の練習方法や段階的に身体を開いていく知的アプローチによって、最終的に安全に高度なアサナへ導いていく。言い換えれば、アサナを追いかけるのではなく、アサナが自ずとやってくる練習方法を伝授し続けている。
個々の心身の限界点が引き上げ、生徒に盲目的に追従するのではなく、自ら考え、自らの内面と対話するというヨガの真髄を伝授するのが、ワナカムヨガスクールbyマスター・スダカーの比類なき特徴でもある。

彼のユーモアと洞察に満ちたレクチャーも魅力の一つ。1時間のマットの上での練習が、残りの23時間のマットの外で生かせるよう、マスター・スダカーは“真のヨガ道”へと導いてくれる。



◆講師:プロフィール
Master S_20071226_2819Master Sudhakar
マスター・スダカー

インドで最も神聖な都市の一つカンチプラムで生まれ、11歳からヨガを始める。
スワミ・チャンドラナンダに弟子入りし、15歳でティーチャートレーニングを終えると、国際シヴァナンダ・ヨガ・ヴェダンタ・センターにて最高の指導者を意味する「ヨガ・バスカラ」を受賞。さらに2001年には「ベスト・ヨガ・マスター・アウォード(最高指導者賞)」を受賞。
インドや各国で開催される20以上のインターナショナル・ヨガ・コンペティションのジャッジ(判定)もつとめる若き天才ヨガマスターは、すでに15年以上指導を続けており、その生徒数は20,000人以上に及ぶ。

7年前に香港に拠点を移し、ハタヨガをベースにしたディーサンヨガ創始者として、アジア・ヨガ・カンファレンスには2008年から6年連続参加。
香港のみならずアジアで不動の人気No.1のヨガマスターの座を確立している。
数々の国際ヨガコンペティションで、ヨガチャンピオンやメダリストを輩出してきたが、中でも毎年1月に南インドポンディチェリ州で開催されるインドで最も難関とされている国際ヨガコンペティションは、柔軟性のみを競う通常の競技会とは異なり、アサナの演技、サンスクリット語によるヨガ哲学の筆記試験、口頭試験の総合点によってチャンピオンが決められる。2007年、彼の香港在住の日本人生徒二人を優勝、準優勝に導く。2010年には17年間のコンペティション史上初の非インド人ヨガチャンピオン(総合優勝)を香港から輩出するという快挙を成し遂げた。

2008年以降、香港・シンガポール・台湾にて全米ヨガアライアンス認定200時間のティーチャートレーニングを開講し、各国より多くの受講者を集めている。日本では、2010年に初来日を果たし、現在全てのワークショップが満員となる人気ぶり。2010年から連続4年招かれている国内最大のヨガイベント横浜ヨガフェスタや京都ヨガスマイルでは初日数時間で全チケットが完売し、現在アジアで最も予約が取りにくいヨガマスターと称されている。
2012年に日本上陸した“ヴィジョンオブヨガ”と名付けられたティーチャートレーニングも満員キャンセル待ち続き、2014年にはRYT200を超えた500時間コースとして本格的にヨガを学ぶコースとして始動予定。
香港で教鞭を取ってから7年間一度も同じクラスを繰り返したことがないと言われる独創的なフロー故に、フローの天才との異名をとるが、芸術的とも呼ばれるフローの魅力以上に、ヨガ発祥の地インド出身の半生を既にヨガと共に生きてきたヨガマスターならではの教えに圧倒的な支持が集まっている。
http://www.VanakkamYogaSchool.com/ja/


引き続き、皆様のご参加お待ちしております。



岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ


moriokayoga at 21:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 28, 2013

エリック先生のヴィジョン・・・オモシロブログ第2弾!!

nicase7月30(火)、31(水) 開催、
エリック・ストーンバーグ先生WS

『キャンドルライト マジック』
ラジャナカ・タントラ哲学の夜

あと1ヶ月と迫りました!!

東京は7/26〜28 
スパンダヨガスタジオ


(写真は本文と関係ないサーフィンを楽しんでいるエリック先生。夏ですね)

翻訳ブログ第2弾はお月様のお話。

月下弦の2,3日前・・・

はい、ちょうど今日あたりのお月様。

ブログは2012年12月4日のものですが、

「同じ月の形の日にいかがですか?」

っと、今回の通訳かえこさんのナイスアドバイスを得て本日アップっ!

あまり話題になることのない形のお月様ですが、
エリック先生の手にかかると・・・
素晴らしく意味づけされて、輝きが増すようです。

原文はこちら


*************************
*************************


永遠は今夜始まる
2012年12月4日

moonphase今月は、変人たち(lunatic)を教える機会に恵まれた。いい意味で言っている。この生徒たちは私と一緒に、月の周期(lunation)を辿る旅に出たのだ。それはニチャ、月相の女神達、と呼ばれる。月の満ち欠けのエネルギーは、どんな日あるいは夜にでも、示唆に富むインスピレーションを引き出すことを可能にする道具だ。15の女神達で1セットとなっていて、新月から満月へと循環する。満月から新月へと、逆に進ませてみるのも面白い。昔のピンク・フロイドのアルバムを逆再生させて聴くような感じ。大いなる意識内で「オズの魔法使い」に似た冒険をすることになる。

今夜の女神の名は、ニチャ。(15の女神達から成る1セットも「ニチャ」と呼ばれるので、この女神は「ニチャ・ニチャ」となる)

ニチャの意味は、「永遠」、あるいは「いつも」。だから、今夜は:「永遠に、いつまでも」

15の女神達の中でも一際目立っているのが、ニチャの持つ三つ又と頭蓋骨。この2つを持っている女神は他にいない。頭蓋骨と三つ又は、典型的にシヴァを象徴するものだ。ここでは、女神が自分のものとしている。私は今日、これらの象徴物からすごい力を得ている。彼女の奥深さに繋がることで何を学んだか、少し紹介しよう。

私たち全員が向かっている先が、頭蓋骨。文字通り。死は、全ての人間にとって不変の約束事だ。私たち西洋人は文化的に、死を最終的状態と信じさせられているが、インド人の想像力はもっと柔軟に死を捉える。そして、月相の女神達も、その循環型の展望の一部。死は、より大きな生と再生のサイクルであり、その普遍的な脈動に私たちも関与できる。そして税金と同様、死は当てにしていいものだ。永遠に、私たち人間は死を当てにできる。

大きな普遍的サイクルにおいて、私たちが個人として果たしている役割には柔軟性がある。私たちは夢、熱望そして行動を通して人生を形成する。人生は、行き詰った状態になることはない。常に進行中。常に未完成。だから、今夜の女神の名前は、ニチャなのだ。「永遠」の女神ならば、満月というクライマックスを担当するのではないかと思う人もいるだろう。でも違う。今夜の月を見てみると、3分の2ぐらいしか姿を現していない。欠けていくサイクルを今まで進んで来たことが分かるし、今後満ちていくサイクルへと向かって行くことも分かる。つまり、「永遠」は動いているのだ。「永遠」は進行中。「永遠」には、進んで来た道もあり、今後向かって行くところもある。


ニチャが持つ三つ又は、さまざまに解釈できる。今夜は三つ又を用いて、時間の持つ三つの特質を考えてみたい。東洋の教えの多くは、「現在」ということ、つまりヨガでいう「今のこの瞬間に存在しよう」的な関わり方を優遇するが、私が学んでいる女神を主体とする英知の流派では、もっと柔軟に時間と関わることを好む。もし私たちが永遠に今のこの瞬間にしか存在しなかったとしたら、人生は辛すぎてしまう。それではまるで、自分の本質の一部にしか気付いていない、リスのような意識みたいだ。人間の意識は、内省もビジョンも必要としている。私は、ヨガの「今この瞬間に存在しよう」戦略に反対しているわけじゃない。ものすごく役立つものだと思う。でも、それだけじゃない。

そもそも、今のこの瞬間って、何なんだろう。未来が過去に流れ込んでこの瞬間になる、と言われる。その逆だってあり得る。過去が前に流れて現在を作り出している。過去、現在、未来。回転する可能性の三つ又。次から次へと流れ続けている。全ての時間は永遠に現在。今。まさしく呼吸しているこの瞬間。

だから、今夜は未来のビジョンを思い描くのに最高の夜なのだ。永遠はいつか始まらなければならないのだから、今、始めてみては?マニフェステーション(顕現)の偉大な先生方は、皆、次のように教える:何か欲しいものがある場合、それを引き寄せる最も効果的な方法は、既にその願いが実現したかのような感覚とビジョンを今、抱くことだ、と。逆向きに人生を生きるのだと。(このようなプラクティスに馴染みがない場合、「引き寄せの法則」でググればいろいろな情報が入手できる。手始めにここがいい。)

あなたの人生は、女神が持つ頭蓋骨へと向かっている。私たち全員の人生も然り。ニューエイジの信奉者たちは、12月21日の冬至の日に活気に満ちたエネルギーの宇宙的配置が整い、私たちが現在作り出している全ての波動が高められ拡大されると言う。今夜は、自分自身の心に何が響くのかを評価するのに最適だ。私は今夜、最近の自分に役立っていない考えや態度の循環型パターンを本当に明確にしようと思う。そういうものは、葬り去ってしまおう。それから、有害でしかなくなっている昔からの付き合いの一つや二つも。永遠に。今夜。さようなら。今こそ!

で、集団として、個人として、何を求めているのか?今夜、私が抱くビジョンは、アメリカ国民のための国民皆保険制度!本当は違うことをして生きていきたいと思っているものの、医療保険が提供される仕事を選び行き詰まりを感じている優秀な人たちを数多く知っている。そのような、素晴らしく創造性に富んだ人たちが−あなたもその一人かもしれない−夢を追うことができ、同時に保護されていると感じることもできたら、どうだろう?私は、そんな世の中に暮らしたい。これは、集団として望むことのリストに載せる大事なこと。あなたのリストには何が載っているだろう?

新年以降に向けて個人的に抱く夢もある。永遠は今夜始めなきゃ。自分のビジョンを書き出そう。望んでいることがすでに実現したかのように思い描いてみよう。できる限り具体的に思い描き、匂いを嗅ぎ、聞き、感じてみよう。今夜からは、未来を起点に生きよう。未来を現在に引き込もう。全ては過去に基づいている。もうこんな経験はしたくないと思うような人生経験こそが、望む人生へと自分を導いていることが多い。今年の冬至は、超特別。世界が滅びるから!そして、永遠は今夜始めてもいいのだ。

*************************
*************************



いかがでしたか?

上弦とか下弦、新月とか、満月!と、

スカッとしたところのない、
なんとも捉えどころのない、スルーされがちなお月様。

そこにイマジネーションでもって既成の時間軸をやわらげ、
“永遠” と “今” を見いだすセンス、
そして意外と現実的なヴィジョン・・・

やっぱりお茶目っ♪♪

ますますお会いするのが楽しみになってきました!

翻訳オモシロブログは次回が最終回です。

どうぞお楽しみに〜。


かえこさん、ありがとうございました。

エリック先生のブログ:http://ericstoneberg.com/

前回の翻訳ブログ: 「狼なんか怖くない ラララララ〜」
『Who’s Afraid of the Big Bad Wolf? Tra la la la laah』


岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ


moriokayoga at 12:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 23, 2013

夏至の夜

IMG_0035IMG_0030







先週の金曜日は、デトックスヨガ&ローフードWS vol.4
キャンドルナイトヨガ&ローフードパーティでした。

本格的な夏の始まりの日、
太陽神サヴィトリーに捧げるガヤトリーマントラを唱えて始めました。

IMG_0033
太陽神の光と熱。
私たちの中にある情熱と
再認識する力、
叡智の光を象徴している
太陽神を瞑想するこのマントラ。


この音節の宇宙のリズムはとてもパワフルで、
どんな願いも実現すると言われているマントラです。

せっかくなので・・・

マントラを唱える前に、ほんの少しの時間をとって、
それぞれの願いを心にありありとイメージしてもらいました。
私もこの一年、
あと半年の間にひとつだけ成し遂げたいことがあります。
その思いを改めて心に描きました。

IMG_0043ひとつひとつは小さな光でしかないのに、

近づくととても熱い。

それでいて、

揺らぎ続けて、

IMG_0037ちょっとのことで

消え入りそうで、消えなくて、

明かりと熱を保ち続けてくれる。




一番長い昼の光を受け継いで暗闇を照らしてくれたキャンドル。

私たちの情熱の火も

絶やさずともし続けましょうね〜〜!

CIMG3277 (2)CIMG3278 (2)








CIMG3279 (2)







キャンドルナイトとパーティ。
初めての試みでしたが、
前日の仕込から、夜遅くの後始末まで
みなさんの温かい協力の中、
思っていた以上に素敵な夜になった気がしています。

ご参加の皆様、ありがとうございましたっ!

DSCF3272CIMG3259








CIMG3263 (2)CIMG3262 (2)








いつもの方々と初めて参加される方の交流も
楽しみのひとつですよね。
私自身も、あまりお話しできなかった方と話せたのですが、
その方がまた、清楚な見かけによらず
かなりの面白キャラでびっくり♪
楽しいひとときでした。



CIMG3280 (2)「今日は
時間がゆったりと過ぎていくような、
すてきな一日でした。
キャンドル効果でしょうか。
どうもありがとうございました」

という感想をいただりたり。



CIMG3276「スローフローヨガって言ってたのに、
どうしてこんなにきついんですか??
心が折れました・・・
今度は絶対、
ローフード&リラックスヨガにしてくださいっ!」と御叱りを受けたり・・・。


はい、ご意見重く受け止め、検討させていただきます。


DSCF3266最後になりましたが、
みゆき先生、
今回もありがとうございました。
ローフード、
サイコーにおいしかったです!!




キャンドルをコーディネートしてくれたくるみちゃんも
アンジャネーヤでおいしさを表現♪
DSCF3275








岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ



moriokayoga at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 15, 2013

エリック先生ってどんな人? オモシロブログ第1弾!!

profile_eric
7月30、31日
エリック・ストーンバーグ先生のWS、

『キャンドルライト マジック』
ラジャナカ・タントラ哲学の夜


本当にっ!心からおススメ〜なのですが・・・そうは言ってもエリック先生の情報が少ないですよね。実際、私もお会いしたことがなく・・・。



スパンダヨガの久美子さんが留学中にNYでエリック先生のクラスを受けていて、どんなに面白かったかという話を聞くにつけ、お会いしたい妄想が募り・・・・・・まぁ、それだけで盛岡にもお呼びしてしまうわけなんですが。

で、今回の通訳かえこさんにお願いして、
エリック先生のブログを翻訳していただきました。

ちょっと・・・かなり??長いですが、面白いです〜〜♪

これからWSまで3回にわたり、エリック先生からのお墨付きのブログを
ご紹介します。

第1弾は2011年11月7日、ハロウィンの模様も綴られています。
原文はこちら

古代と現代の時空をカジュアルに飛び回って思考を巡らせながら、
自らも大胆に周りの人たちとコミットして
軽快に人生を楽しんでいる姿。

そしてハヌマーンという存在の消化の仕方・・・さすがです。

こちらを読んでいただけると、
エリック先生がグンっと、身近に感じられるのではないでしょうか?


*************************
*************************

『Who’s Afraid of the Big Bad Wolf? Tra la la la laah』
「狼なんか怖くない ラララララ〜」
2011.11.7

hanumanthaこのところ、親しくしている生徒たち何人かに、ハヌマーンに関する教えやプラクティスを指導してほしいと頼まれている。週に1回のタントラ哲学と瞑想のクラスを教え始めて2年になるが、正直に言うと、このハヌマーンというキャラクターは避けてきた。捉えどころがない。変身もする。ハヌマーンの本質がつかめたかと思うと、また分からなくなってしまう。表面的には、あるいは信仰の対象としては、十分付き合いやすいキャラクターだ。でも、何年にもわたり研究する中で分かったのは、この猿、見掛けをはるかに超えるものがある、ということ。だから、本腰を入れてハヌマーンと向き合うことにした。大好きな先生であるダグラス・ブルックスとともに何週間にもわたりハヌマーンを学んだ際のノートを読み返しながら、ハヌマーンの教え、物語、そしてプラクティスに自分の心を注ぎ込んだ。

私が学んでいるタントラの流派であるラジャーナカ・ヨガでは、パンチャムカ・アンジャネヤという名のハヌマーンが特に好まれている。この“アンジャネヤの5つの顔を持つ息子”は大したやつだ。頭が複数ある神は他にもいるが、このハヌマーンの5つの顔は全て異なっている。変身者だ。ここ数週間、それぞれの顔について理解が深まるのを楽しんでいて、今週の木曜日からはヴィラヨガで皆とシェアしようと思う。

最近は、自分自身の内なる変身者をも尊重している。というか、表面化させている。さて、ドラマ「トゥルーブラッド」(頼む…見てると言って!)に出てくる、たくさんのイケてる超常的な登場人物の中で私が気に入っているのは…一番のお気に入りは…サム・マーロッテ。色っぽくて、カリスマ性があって、葛藤していて、危険。それって、この番組の登場人物全てを言い表してるじゃないか…ってことは、自分でも分かっている。でも、今もこれまでも、サムにはとにかく思い入れがある。そして、その理由が分かり始めてきた。

sam_trammell









ハロウィーンの日、私は、おばあさんの寝間着を着た“大きな悪い狼”の格好をして、息子のジャスパーとトリック・オア・トリート(お菓子をねだり)に行った。ハロウィーンに顔が完全に隠れる覆面をしたのは初めてだったと思う。世間に対して私の“真のアイデンティティ”を完全に隠してしまう覆面。小さい頃はドラッグストアで売っている、紙製の仮面とビニール製の前掛けのような衣装のセットが欲しかったが、母は手作り衣装を好んで着せた。だから、今回の衣装にはワクワクした。

ハーレムでは伝説的な菓子ねだり街区となっているコンヴェント・アヴェニューとハミルトン・テラスに行った。妻は赤いケープを身に付け、いつもながら美しかった。ジャスパーは、かわいいミイラに扮していた。でも、仮面ナシ。仮面は怖すぎるから。来年は家族で衣装を合わせよう。今年のハロウィンの夜は、ひんやりしていた。それでも何百人もの子どもが外に出ていて、多くのマンションがハロウィンの飾りつけを目いっぱいしていた。ニューヨーク市での菓子ねだりは、たとえ月曜の夜であっても、面白い。私が幼い頃過ごしていた郊外に比べて、ニューヨーカー達は概して太っ腹だ。どの家でもジャスパーは手のひらいっぱいにお菓子を貰って来る。一口サイズのトゥイックス(Twix)1つだけ、なんてことはない。ハロウィーンのニューヨーク市には、正真正銘の寛容さがある。お菓子の量に限ったことではない。ここでは、自分を解き放っていいのだ。何でもあり。いつも以上に。貰ったお菓子を入れる袋はすぐに一杯になるし。話が逸れてしまった…

私にとって一番興味深かったのは、覆面をした自分に対する人々の反応だった。多くの大人たちは文字通り、私が目に入っていなかった。文字通り。子どもたちが私のすぐ近くまで来て私のことを指差すまで、親は気付かなかった。身長180cm超の狼が目の前に立っているのに気付かないなんて、どういうことだ?(ヨガでは、このような人のことをパシュ、つまり牛と呼ぶ。周りを見ることなく、噛むことに専念している) こういう人がたくさんいた!大きな悪い狼は敢えて見ようとしないのか?私たちは結局のところ、見ようとするものしか目に入らないのだから。

一方、私のことを見て、そして私を避けた大人もいた。危ないものとは接触しない方がいいから。それから、何人かのよちよち歩きの子どもを泣かせてしまった。それは、楽しくもあり、悲しくもあり…。あと、何人もの3歳児スーパーヒーロー達が戦闘態勢に入り、小さなスパイダーマンには本当にやっつけられそうになった。

spidey











何人かの10代の少年たちには、もう3匹のこぶたを食べたのかと聞かれた。残念、それは違う物語の狼。でも、そっちの狼の方が、男性の心にもっと強く響くのかもしれない。きっとそうに違いない。その昔、男性の体育教師が3匹のこぶたの話をしてくれたが、先生は生徒たちに怠けと遊び(手を抜いたこぶたたち)ではなく、勤勉(働きもののこぶた)という感覚を植えつけようとしたのだ。

一番面白かったのは、「ねぇ、大きな悪い狼さん、一緒に写真を撮ってもいい?」と寄ってきた10代の女の子たちや、「今晩、私の寝室に忍び込んでくれない?」と言い寄ったお母さん。また別の人は、「まぁ、なんて広い肩なの?私を抱きしめるため?」と。こんなに気のある素振りをされたのは、何年ぶりだろう。初めてかもしれない。赤ずきんちゃんの格好をしていた13歳の女の子に会ったが(年齢の割りには、ちょっと色気があり過ぎた)、彼女は、外で私に遭遇するように祈っていたと言う。私が頭をかしげて気取って立っている隣で、その赤ずきんちゃんは女友達と純情げなポーズを次々と決めながら、何十枚も写真を撮っていた。

仮面を被ると、今までとは違った関係性で世の中に迎え入れられる。自分を広げ、自分自身についてより良く知ることにも繋がる。ヨガの流派の多くは、仮面や装いを人間性の問題点と捉える。「その下にある真実に辿り着かなければならない」と。私の学ぶ流派では、人間性の真実というものは様々な仮面や装いを通してしか知ることができない、とする。その仮面を外すのではなく、ヨガが仮面を作る機会となるのだ。その方がいい。どうりで、サム・マーロッテが大好きなわけだ。5つの顔を持つハヌマーンは、このような創造力の模範的な存在。私たちの内側の、アイデンティティが柔軟になる数少ない部分へも、ハヌマーンは跳んでいくことを厭わない。あなたは、跳んでいく気があるだろうか?その気があるならば、こんな感じになるかもしれない:

mummy1






















bigbadwolf2



















*************************
*************************

いかがでしたでしょうか?

おばあさんの寝間着を着た“大きな悪い狼”姿のエリック先生・・・

お茶目♪♪

第2弾もどうぞお楽しみに!

通訳のかえこさん、ありがとうございましたっ!!




岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ


moriokayoga at 23:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 14, 2013

7/13(土) 骨盤ヨガWS

1012638_387716231332906_156401584_n














こちらのスタジオでもお馴染み、美香先生と、
仙台で活躍されている典子先生をお招きして
骨盤エクササイズを取り入れたヨガレッスンを行います。

日時: 7月13日(土)  19:00〜20:40

場所: yoga studio シャンティシャンティ
     盛岡市大通1-11-2-2F

講師: 笹川典子先生(骨盤エクササイズ)
     高橋美香先生(ディープリラクゼーション)

会費: 1800円

持ち物:動きやすい服装のお着替え。水分補給するもの。
     スポーツタオル(エクササイズするため77×33程度の大きさ)

問い合わせ:padmayoga7221-m☆yahoo.co.jp        
          (☆を@に変えてご連絡ください)

またはお電話090-9631-0765(高橋美香まで)

当日第1部は
10:30〜12:00 見前地区公民館で 参加費1500円で開催されます。
こちらはお子様連れOKです。
詳しくはこちら
美香先生のブログをどうぞ。

夜の部は、少しゆったりと
アロマも炊きながら、
美香先生がディープリラクゼーションへと導いてくれます。

仙台の典子先生は、地元で幅広くヨガを指導されている方。
私とはエイミー先生の100時間トレーニングを一緒に受けた仲♪
ノア先生やトシ先生、マーティン先生のWSでも
こちらのスタジオにも毎回お越しいただいている
常に学び続けていらっしゃる先生です。
いるだけで周りを明るくさせる華やかさを
ご存じの方も多いかと思います。楽しみですねっ♪

今回のダブルキャストの贅沢なWS、
テーマは『骨盤美人』!

女性らしいきれいな腰のラインやヒップをつくる
エクササイズとヨガを組み合わせて、
骨盤力をアップしていきます。

皆様のご参加、お待ちしております♪




岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ

                        


moriokayoga at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 10, 2013

ワナカムヨガスクール(ディーサンヨガ) by マスター・スダカー 岩手初登場!

“インドの叡智 ‐ ワナカムヨガスクール”
(※ディーサンヨガからワナカムヨガスクールに名称が変更されました)
837D83X835E815B83X83_83J815BMaster_S_20071226_2712-1

たとえば、自分のヨガの基礎を見直したいと思っている人、哲学やスートラなどインド発祥のヨガの教えをヨガ発祥の地インド出身のヨガマスターからきちんと教わりたいと思っている人、自分のヨガプラクティスを一段上のレベルに引き上げたいと思っている人、ヨガを教えるという新しい道を志している人、ヨガの深い英知にふれたいと思っている人、そういった方に最適の、ワナカムヨガスクールbyマスター・スダカーのインドの叡智のつまった一日です。

南インドのシバナンダアシュラムで最年少マスターとなり、既に半生をヨガマスターとして過ごしてきたワナカムヨガスクールの創始者マスター・スダカーから直接、ヨガとその練習方法について教わる貴重な体験となるでしょう。

横浜ヨガフェスタや京都ヨガスマイルが発売開始後1時間以内で完売になることは、既に日本中のヨガファンの周知の事実。2012年に日本上陸したティーチャートレーニング“ヴィジョンオブヨガ”は、東京、大阪共に満員キャンセル待ち、強い要望に応えて再開講した2013年のヴィジョンオブヨガも48名が受講中と現在日本のヨガシーンを席巻中のワナカムヨガスクールbyマスター・スダカー。

現在アジアで最も予約の取りにくいヨガマスターとして名を馳せているマスター・スダカーのヨガの極意と真髄を存分にお楽しみください。

◆日時:9月23日(月)祝日
11:00〜13:00 “初心者向けワークショップ - アサナへの準備”
14:00〜16:00 “ヒップと肩の関係”


◆場所:yoga studio シャンティシャンティ
岩手県盛岡市大通1-11-2-2F パランビル
TEL:090-5834-1811

大きな地図で見る


◆詳細
9月23日 月曜日 
11:00〜13:00 “初心者向けワークショップ - アサナへの準備”


皆さんは、ヨガのマットに立つ前に、ポーズをとる前に、準備をしていますか? 緊張した身体のままでマットの上に立って、ポーズを取ることは、かえって身体に害をなすことをご存知ですか?
これからヨガを始める方、ヨガを始めてまだ一年未満の方、行く先々のヨガクラスで異なることを言われて戸惑っている方、もしくは、自分は身体が硬いと思っている方、そんな皆様に最適のワナカムヨガスクールbyマスター・スダカーによる“初心者向けワークショップ”です。
もしくは、ヨガは毎週練習しているけど、本当に自分のヨガは正しいのか自信のない方、マスター・スダカーが正しい練習方法と正しい感じ方をわかりやすく解説いたします。今後の皆さんのスタジオでの練習に活かしていただける“アサナへの準備”方法を伝授いたします。
“アサナはアサナでは上達しない”と断言するマスター・スダカー、ヨガ発祥の地インドで半生をヨガと共に生き、世界中で“The teacher of the teachers(先生の為の先生)”と異名をとるヨガマスターから安全かつ正しいヨガの基礎を学ぶまたとない機会です。
ヨガ初心者の方はもちろんのこと、ヨガ初心者にヨガを教えているインストラクターにも最適のワナカムヨガスクールの初心者向けワークショップをお見逃しなく!

9月23日 月曜日 
14:00〜16:00 “ヒップと肩の関係”

「股関節が固い」「肩が固い」「もう柔らかくなることはない」とあきらめている多くのヨガの練習生にとって、この間違った思い込みを取り除くことからはじめたい、とマスター・スダカーは考えます。固まった股関節、あるいは年齢とともに固くなりがちな肩の関節は、 体を疲れやすくするだけでなく、ヨガの練習生にとっては快適で安定したアサナを続ける妨げとなります。そして精神的にも問題を与えてしまうのです。このクラスでは 、ワナカムヨガスクール独自のアプローチで十分に体を温めながら、股関節と肩を徐々に開いていくための練習方法をお伝えします。この練習を日常でも取り入れていただくことで、股関節と肩のこわばりを少しずつ解きほぐし、解放していくことを目指します。股関節と肩を解放することで、肉体的な心地良さを感じるだけでなく、精神的な開放感を得られる体験を是非してみてください。
横浜ヨガフェスタ、京都ヨガスマイルがチケット販売開始から1時間以内で満員完売となったワナカムヨガスクールbyマスター・スダカーの“ヒップと肩の関係”は日本では一番人気のクラスのひとつですが、香港で教鞭を取って8年間一度も同じフローを繰り返したことがないことで有名なマスター・スダカー、“ヒップと肩の関係”も日本全国、毎回内容もアプローチ法も異なることからリピーターが続出中です。



◆講師:プロフィール
Master S_20071226_2819Master Sudhakar
マスター・スダカー

インドで最も神聖な都市の一つカンチプラムで生まれ、11歳からヨガを始める。
スワミ・チャンドラナンダに弟子入りし、15歳でティーチャートレーニングを終えると、国際シヴァナンダ・ヨガ・ヴェダンタ・センターにて最高の指導者を意味する「ヨガ・バスカラ」を受賞。さらに2001年には「ベスト・ヨガ・マスター・アウォード(最高指導者賞)」を受賞。
インドや各国で開催される20以上のインターナショナル・ヨガ・コンペティションのジャッジ(判定)もつとめる若き天才ヨガマスターは、すでに15年以上指導を続けており、その生徒数は20,000人以上に及ぶ。

7年前に香港に拠点を移し、ハタヨガをベースにしたディーサンヨガ創始者として、アジア・ヨガ・カンファレンスには2008年から6年連続参加。
香港のみならずアジアで不動の人気No.1のヨガマスターの座を確立している。
数々の国際ヨガコンペティションで、ヨガチャンピオンやメダリストを輩出してきたが、中でも毎年1月に南インドポンディチェリ州で開催されるインドで最も難関とされている国際ヨガコンペティションは、柔軟性のみを競う通常の競技会とは異なり、アサナの演技、サンスクリット語によるヨガ哲学の筆記試験、口頭試験の総合点によってチャンピオンが決められる。2007年、彼の香港在住の日本人生徒二人を優勝、準優勝に導く。2010年には17年間のコンペティション史上初の非インド人ヨガチャンピオン(総合優勝)を香港から輩出するという快挙を成し遂げた。

2008年以降、香港・シンガポール・台湾にて全米ヨガアライアンス認定200時間のティーチャートレーニングを開講し、各国より多くの受講者を集めている。日本では、2010年に初来日を果たし、現在全てのワークショップが満員となる人気ぶり。2010年から連続4年招かれている国内最大のヨガイベント横浜ヨガフェスタや京都ヨガスマイルでは初日数時間で全チケットが完売し、現在アジアで最も予約が取りにくいヨガマスターと称されている。
2012年に日本上陸した“ヴィジョンオブヨガ”と名付けられたティーチャートレーニングも満員キャンセル待ち続き、2014年にはRYT200を超えた500時間コースとして本格的にヨガを学ぶコースとして始動予定。
香港で教鞭を取ってから7年間一度も同じクラスを繰り返したことがないと言われる独創的なフロー故に、フローの天才との異名をとるが、芸術的とも呼ばれるフローの魅力以上に、ヨガ発祥の地インド出身の半生を既にヨガと共に生きてきたヨガマスターならではの教えに圧倒的な支持が集まっている。
http://www.VanakkamYogaSchool.com/ja/


◆受講料:1クラス 6500円 終日 12000円

※キャンセルポリシー
7月末までー0%
8月末までー50%
9月1日からー100%

※2クラス参加の方の早期割引が適用されます。
●一般の方 ⇒ 7月15日までのご予約で12,000円
●スタジオチケット(9/23が有効期限内のもの)をお持ちの方と
●VoY(ディーサンヨガのTTC生) ⇒ 7月末日までのご予約で12,000円

◆ご予約:件名「ワナカムヨガスクールWS」
,名前
当日つながる連絡先と住所
受講クラス番号を明記の上、shantishantiyoga55
の後に@をつけて、yahoo.co.jpまで。

●お電話にて
TEL:090-5834-1811(留守電に上記の内容をお願いします)
ご連絡後、48時間以内に詳細のメールを返信orお電話致します。

◆持ち物
動きやすいお着替え。タオル、水分補給するものなど。
ヨガマットは限りがあります。必要な方はご予約時にお伝えください。


◆About Vanakkam Yoga School
ワナカムヨガスクールとは

サンスクリット語で「知性」を意味する“ディーサン”にちなんで、2008年にハタヨガをベースに、古代インドから伝わるヨガテクニックをより正しく体得するためにマスター・スダカーがディーサンヨガ(Dhesan Yoga)の指導を開始。

ところが、マスター・スダカー自身の名前(スダカー・ディーナン)との混乱も多く、且つ、ヨガの新流派として捉えられることも少なからずという状況下、2013年6月、スクール(学校)という概念に重きを置き、ディーサンヨガ改め“ワナカムヨガスクール Vanakkam Yoga School”と名称を変更。ワナカムとは南インド・タミール語で「敬意」を意味し、Vanaはサンスクリット語で「知性」を、Kaamは「喜びと愛」を意味する。

ワナカムヨガスクールでは、アサナのみを重視するのではなく、哲学や日常の心のあり方(ヤマ&ニヤマ)、呼吸法などヨガの叡智全てを重視し、知的かつ精神的にアサナへアプローチしていくことで、本来の正しいアサナを自然に習得していく、という独創的かつ最も合理的な手法を用います。
ヨガ発祥の地インドのみならず、香港、台湾、シンガポール、韓国、日本でも大人気を博し、大勢の生徒たちがマスター・スダカー指導のもと、柔軟性のみならず、精神的強さ、忍耐力、そして知性を磨くことを目標とし、“学びは一生”の理念に沿って学習し続けている。彼のワークショップやクラスではアサナに固執することなく、アサナに向かうプロセスを重視し「ローテーション」という独自の練習方法や段階的に身体を開いていく知的アプローチによって、最終的に安全に高度なアサナへ導いていく。言い換えれば、アサナを追いかけるのではなく、アサナが自ずとやってくる練習方法を伝授し続けている。
個々の心身の限界点が引き上げ、生徒に盲目的に追従するのではなく、自ら考え、自らの内面と対話するというヨガの真髄を伝授するのが、ワナカムヨガスクールbyマスター・スダカーの比類なき特徴でもある。

彼のユーモアと洞察に満ちたレクチャーも魅力の一つ。1時間のマットの上での練習が、残りの23時間のマットの外で生かせるよう、マスター・スダカーは“真のヨガ道”へと導いてくれる。



◆ヨガスタジオ シャンティシャンティ地図
シャンティ地図














岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ

moriokayoga at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

June 09, 2013

ローフードパーティの・・・

今月21日(金)夏至の日。
キャンドルナイトヨガ&ローフードパーティ詳細はこちら
「1000000人のキャンドルナイト〜電気を消してスローな夜を〜」

のパーティーのメニューが決定致しましたっ!

一度、お知らせしていましたが、

みゆき先生の方で、
よりパーティが盛り上がるよう趣向をこらしてくださり、

お手軽に食べやすく、
見た目も鮮やか、
装いも新たにっ!

こんな素敵な感じになっております。

s-P6086524


☆ローチーズをお団子風に
☆3種フルーツたち
☆3種のナッツ キャラメル味で
☆ズッキーニのガーリックチップス
☆海藻プチプチ麺サラダ
☆巻き巻きピクルスさん
☆アワビ茸とわかめのスパイシーサラダ
☆自家製玄米のごろごろおむすび
☆myucreのミントでノンアルコールモヒート
☆季節のさっぱりスムージー

(ネーミング担当はみゆき先生の息子さん、
アオムシ君もお手伝いしてくれました♪)

当日はビュッフェ形式になります。

お申し込みは、準備のため6月15日(土)の締切となります。
ご予約はどうぞお早めに。
詳細はこちらです




太陽からのエネルギーが最も高い、特別な日です。

キャンドルナイトヨガで静かに自分と向き合う時間と、

みんなで一緒に自然をお祝いする時間。

陰陽、両方楽しみましょう!

皆様のご参加、お待ちしております。



岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ





moriokayoga at 21:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)