震災後のこと

May 04, 2016

5月のチャリティクラスご報告

今年2回目のチャリティクラス、
14名の方にご参加いただきました。

体調を崩し来られなかったHさんからも預かりましたので
合計15名、金額は25,000円になりました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

前回分との累計は49,000円になります。

一年分をまとめて
全額を「大槌新聞」へ寄付します。

詳しくはこちらこちらをどうぞ。

今回も来てくれた濱ちゃんからは、今現在の大槌の状況などについての話も伺いました。

濱ちゃんが取り組んでいた「生きた証」プロジェクトは、
大槌町はこの3月で、岩手大学への委託をいったん終了し、
それに伴い濱ちゃんの手からも離れてしまいました。 

岩手県大槌町民1285人(関連死含む)全員の人柄や
生前のエピソードを記録し残そうと立ち上げた
「生きた証」プロジェクト。

濱ちゃんから、その取材の様子や、経過を聴くにつけ、
このプロジェクの結果、
記録誌が残ることが大事なのではなく、
そのプロセス自体の方に
とても意義があるように感じていました。

特に濱ちゃんの場合は彼女自身が震災犠牲者です。

自ら家族を失っている濱ちゃんが、
同じ立場の遺族の方々の心を支えたいという理念のもと
アロマセラピスト、そしてカウンセラーの資格も取得して
寄り添って対話したときに生まれた、
遺族の方との信頼感や安心感、共感しあう気持ち。

そこから紡がれた、今は亡き方々のお話は、
故人を忘れずにいるための記録にとどまらず、

その話を話すことで、
その話を聴くことで、

残された人たちが、生き続けていくための何かを
自分の中に見出していく。
町全体でおこなう、
遺族の方々それぞれの
セルフセラピーのもなり得たのではないかと。。。

濱ちゃんの心境もこんな風に綴られていました。

====================

濱田紀子さんは、故郷の町も家も失い、母も見つからない。
「私はどこから来たのだろう」と、
自分の存在さえあやふやな気がしていた。
それが、亡くなった人が話の中で生き生きしてくると、
なくなった町も生き生きしてきた。
「私もそこで育ったんだ」と思えると、
自分が生き返った気がした。
「自分自身のために、聞き取りをしたかったのかも知れない」。
そう思った。

        「3.11 その時 そして」(東野真和)より抜粋 

=====================


そうは言っても、
話すことで傷ついてしまった方もいらしたかもしれません。
今でもまだ話す気持ちになれない方も
多かったと聞きました。
そんな事情からもなかなか進まず、
本当に地道で大変な一年半だったと思います。

大槌町に限らず、どこの被災地も
復興事業は予定通りにいかず、
問題が山積みだと聞きます。

今年3月で国からの助成金を打ち切られ、
現在個人で頑張っている「大槌新聞」もそうですが、
ひとつの事業を、
理念を持って継続していくことは
本当に難しいことだと思います。

「生きた証」プロジェクトの今後。

大槌町としては、有志の町民らで継続し、
今までの聴き取り分は記録誌として刊行。
その後は随時追加で刊行する方向で検討しているようです。

濱ちゃんの手から離れてしまったことは
とても残念ですが、
せめてこの一年半の「生きた証」プロジェクトの成果が
無駄にならないよう、
大槌町に頑張ってもらいたいです。


次回のチャリティクラスは
7月18日(月)海の日を予定しております。

次回もぜひ

皆様のご参加お待ちしております。



岩手 盛岡 ヨガスタジオ シャンティシャンティ

                                                                                                                                                                                                                              

moriokayoga at 17:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 25, 2016

3月チャリティクラスのご報告

先日3月21日(月)は今年最初のチャリティクラスでした。
6名の方にご参加いただき
12,000円となりました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

そして今年も新潟に行かれたTさん
(今は神奈川に移っています)から
1年分の12,000円もお預かりしました。

ご自身が真剣にヨーガに取り組む気持ちも込めて、との
メッセージもいただきました。

Tさん、遠く離れていても
この活動のことを忘れずにいていただき嬉しいです。
ありがとうございます。

今回の合計額は24,000円になりました。

一年分をまとめて
全額を「大槌新聞」へ寄付します。

詳しくはこちらこちらをどうぞ。

去年、2015年度の総合計額は146,500円は、
「大槌新聞支援の会」へ振込みいたしました。
また後日、領収書等でお知らせいたします。

大槌新聞は3月末で国の助成金が打ち切られるため
「大槌新聞社」として独立します。

前にご紹介した菊池由貴子さんが、
取材、執筆、編集を一人でこなしていましたが、
今まで以上に事務や広告などもひとりでこなす形になり、
状況は非常に厳しいです。

それでも、

大槌町でインフラ整備が終わるとされる平成31年度末までの4年間、
町内全戸無料配布の継続を目指しています。


情報の操作や、何かが湾曲して伝わっていくことは、
知らず知らずのうちに、私たちの身の回りにも起こっています。

大きなメディアであればその力、影響力も大きいです。

菊池さんが資金的には大変でも、
頑張ってやり遂げようとしていることは、
ジャーナリズムの根源にかかわることのように思えます。

町の人の声をフィルターをかけずに、行政に伝えていくこと、

町の情報を町の人たちでしっかりと確認しあい、自由に語れること。

どこにも属さない、
ゼロからの地域ジャーナリズムを発信していくことが、
町の本当の復興と発展には欠かせないという強い理念が、
菊池さんと大槌新聞から伝わってきます。


このスタジオも微力ながら「大槌新聞」を応援していきます。

みなさんもぜひ、HP等もご覧になってみてください。

「大槌新聞」


次回のチャリティクラスもお待ちしております。



岩手 盛岡 ヨガスタジオ シャンティシャンティ




moriokayoga at 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 23, 2015

12月のチャリティクラス

今日のチャリティクラス
8名の方にご参加いただきました。

来られなかったHさんからは
事前にお預かりしました。
今回も参加費以上の寄付金もいただき
合計16,000円。

今年、2015年度の総合計額は
146,500円となりました。

この一年ご参加くださった皆様、
遠くから寄付金を送ってくださった皆様、
ありがとうございました!

去年と同様、一年分をまとめて
全額を一般社団法人「大槌メディアセンター」へ寄付します。
詳しくはこちら


12月9日の大槌新聞に
気になる記事が載っていました。

大槌町は30日の町議会議員全員協議会で
復興事業の見直しを行い
全255事業の必要性などを検証し
25事業(9・8%)を廃止が適当としました。

その25事業の中に災害FMと大槌新聞も入っています。

災害FMと大槌新聞は、
国の予算(緊急雇用創出事業制度)を活用し
町内に情報を届けていました。

この案が来年議会で了承されると
,海里泙泙笋瓩襦
∋餠發鯆潅し継続する。
のどちらかになるそうです。

今回の提案は
・事業の必要性
・緊急度
・成果
・財政負担
から見直されたとのこと。

エフエムと大槌新聞は、
防災行政無線受信環境の拡充や
ラジオ中継局整備、
町広報の配布再開などにより、
事業目的が完了したと判断されたそうです。

こちらとしては経緯を見守るしかありませんが、
もし資金の関係から大槌新聞がなくなることになれば
とても残念です。

町民の目線でわかりやすく地元の方々が知りたい情報を
どこからも操作されることなく載せているこの新聞は、
災害を経て生まれた大槌町の文化財産だと思っています。

最近の号でも旧役場庁舎保存事情について、

役場の現場職員、
大槌高校生、
お寺の住職さん、
町の人々、
そして平野町長の意見、

と、それぞれ立場の違う方々の「保存」か「解体」かの声を
丁寧に取材されていて、

大槌町の皆さんがそれぞれに
愛をもって町の行く末を考えていること、

そしてそれぞれの思いから平行線をたどり続け、
なかなか前へと進めないもどかしさなどが、
手に取るようにわかります。

普通の新聞では伝わってこない
生の声を聞くことが出来ます。

平野町長は
「選択と集中を図り、復興を加速させる」ことを訴え、
「ハード事業を含め聖域なく大胆に事業を見直す」
としているようですが、

復興を加速させるためにこそ週に一回立ち止まり、
(新聞の発行が週に一回ですので)
町民の生の声を掬いあげている
「大槌新聞」のニュートラルな視線から
全体を俯瞰することも必要なのではないでしょうか。

ただ、今まで予算を受けてきた緊急雇用創出事業制度には
当てはまりづらくなってきているのかも知れません。

今後、他からの資金援助の可能性はあるのでしょうか。。。
難しい問題ですね。。。

私個人としては、
大槌新聞がこれからも続いていくことを願うばかりです。

こちらからの支援寄付金もなるべく早くお渡したいと思います。


来年度も祝日を使って年に6回のチャリティクラスを続けていきます。

最初は3月21日(月)を予定しています。

次回も皆様のご参加をお待ちしております。



岩手 盛岡 ヨガスタジオ シャンティシャンティ









moriokayoga at 17:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 23, 2015

11月のチャリティクラス(+大阪の皆さんからの分)のご報告

今日のチャリティクラス
4名の方にご参加いただきました。

来られなかったHさんからの参加費は
Aさんから受け取りました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

今回の皆さんからの合計額は
参加費以上の寄付金もいただき
10,000円になりました。

累計額103,500円です。

スタジオのチャリティクラスは一年分をまとめて
全額を一般社団法人「大槌メディアセンター」へ寄付します。
詳しくはこちら



それから。。。

2012年以来4度目となりますが、
今年も、
岩本厚子さんを代表とする大阪の方からの
寄付金もお預かりしました。

去年のご報告はこちらです。
昨年末と今年の8月に大阪で
チャリティクラスを開催してくださったそうで、
27,000円になります。

実はこの時期、岩本さんは
毎年岩手にいらしているのですが、
私の方が毎年盛岡不在でして、
4年越しなのですが、
まだお会いできてない状況で恐縮です。。。

岩本さんは22日に直接スタジオに届けてくださいました。

一緒に頂いたスイーツは
今日のチャリティクラスにご参加の皆さんといただきました。

お気遣いも頂きありがとうございます。
ごちそうさまでした!


というわけで、岩本さんからの分も合わせますと
今年の累計は

130.500円となっております。


震災後、

本当に、これまでには考えられなかったような出来事が、
日本や世界で続いています。

世界各地の自然災害、さまざまな事件、
民族紛争、経済的な変化の中、
この震災の衝撃が少しづつ、
私の中で薄れてきているのを感じます。

でも、岩本さんのような方々が
大阪の地で、
毎年そのような活動をされていることを知ることで、
地元として、ありがたいと思う気持ちとともに、
同じように、こちらでも続けていこうと励まされます。

「大槌メディアセンター」を応援しながら、
地元の方々が欲しがっている情報が載っている
大槌新聞に目を通し、
せめて、今、どんな大槌町がどんな状況なのか、
復興がどのように進んでいるのか、
知っていく。。。

ということだけでもしていきたいと思っています。

今年はあと1回、
12月23日(水)が最後のチャリティクラスになります。

皆様のご参加

ぜひお待ちしております。




岩手 盛岡 ヨガスタジオ シャンティシャンティ








moriokayoga at 17:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 23, 2015

9月のチャリティヨーガのご報告

今日のチャリティクラス
9名の方にご参加いただきました。

来られなかったNさんからの分も
Aさんから本日参加費を受け取りました。

ご参加の皆様、ありがとうございました。

今回の皆さんからの合計額は
16,500円になりました。

累計額93,500円です。

スタジオのチャリティクラスは一年分をまとめて
全額を一般社団法人「大槌メディアセンター」へ寄付します。
詳しくはこちら

その大槌新聞9月16日発行156号は
濱ちゃんが特集されています。

震災で人口の1割近い1284人が犠牲になった大槌町で、
犠牲者全員を対象にその人柄や功績などを取材し、
記録として残そうとする、「生きた証(あかし)プロジェクト」。

昨年秋から始まったこの事業で、
濱ちゃんは、聞き取り調査員として活動しています。

新聞では二面にわたって、
濱ちゃんの「生きた証」事業にかける思いが
インタビューの形で綴られています。

ご自身の内側の奥深いところから
震災と真剣に向き合ってきた中で確信したであろう、
濱ちゃんの行政に対する考え、
ご遺族の方々への寄り添い方、
この事業の意義、必要性などが、
とても力強く、はっきりと表明されています。

「震災の痛みや苦しみは、
乗り越えるものではなく、共に生きていくもの」

「ご遺族は痛みを抱えたまま生きていく。
津波で亡くなれば
残された家族にそういう思いをさせてしまう。
だから津波で死んではだめだと後世に伝えたい」


スタジオの掲示板に貼ってありますので
ぜひ一読されてみてください。


次回は11月23日です。

皆様のご参加お待ちしております。



岩手 盛岡 ヨガスタジオ シャンティシャンティ






moriokayoga at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 20, 2015

7月のチャリティクラスのご報告

今日のチャリティクラス
3名の方にご参加いただきました。

3連休最終日の中、
お越しいただきありがとうございました。

せっかくでしたので2時間枠にして
ゆったりリラックスしていただきました。

今回、連休ということもあり、
この日に参加出来ないからと、
5名の方々からは
事前に寄付金をお預かりしています。
設定額より多くもいただいており、
いつも気に留めていただいていること
本当に嬉しく思っています。

今回の皆さんからの合計額は
22,000円になりました。

累計額77,000円です。

スタジオのチャリティクラスは一年分をまとめて
全額を一般社団法人「大槌メディアセンター」へ寄付します。
詳しくはこちら

スタジオでも定期購読していて
一週間に一度、廊下の掲示板に
新しい号を張り出しています。

ぜひ目を通してみてください。


第一面に毎号、〈なつかしい大槌〉と題して
町の景色の写真が載っています。

何気ない通りの写真だったり、
どこかのお店の前だったり。

町の一角を写した風景写真。

考えてみると
私たち自身も自分たちの町の写真って、
あまり持っていないと思います。

大槌町のみなさんが、
それぞれどんな思いでその写真を見ているのか。。。

私は震災後の大槌町しか知りませんが
毎週新聞が届くと
ついついその写真に見入ってしまいます。

なんでもないような写真が
今では本当に貴重な一枚です。

なんでもないような当たり前に過ぎている
毎日の一瞬一瞬を
大切に過ごしていこうと思います。


今年の後半にも祝日を使って
3回ほどチャリティクラスを行います。

日程は決まり次第お伝えいたします。


今後もこの活動を皆さんと継続していけたら嬉しいです。



岩手 盛岡 ヨガスタジオ シャンティシャンティ









moriokayoga at 21:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 13, 2015

2014年度チャリティ寄付金ご報告・2

まずは、

理由は前回のブログの内容通りですが、
今回の寄付金の届け先の件が、
告知していたベルガーディア鯨山さんから
変更になることをお詫びいたします。

そして、よろしければ
私と濱田紀子さん(濱ちゃん)で決定した届け先で
承諾いただければありがたいです。

二人で相談した結果、
かねてから濱ちゃんがその活動を知っていた
「大槌メディアセンター」へ
2014年度のチャリティ寄付金全額
190,000円をお渡ししてきました。

「大槌メディアセンター」自体は
一般社団法人としては、この2月に立ち上がったばかりです。

その前身は、
濱ちゃんの同級生でもある菊池由貴子さんが、
震災後、被災者に必要な生活再建情報が伝わらないことに疑問を持ち、
2012年6月、1人で未経験の新聞づくりをしたことから始まっています。

IMG_1265IMG_1249







震災後、どの新聞も震災報道一色だったにもかかわらず、
被災地にいる自分たちが必要な情報は
ほとんど得られなかったそうです。

「町民の情報は町民が伝えなければ」

切実な思いに突き動かされ、大槌新聞を創刊。

そして一人で新聞を発行するという活動を続ける中、それぞれのメディアや町の広報が別々に取材して情報を流すのは非効率だという思いを強くし、「役場だ民間だ、新聞だラジオだ、と言わず連携しなければ。みんな顔なじみな、1万人の町だからこそそれができるはずだ」と、大槌町で震災後に誕生した新聞とFM、インターネットが融合した
「大槌メディアセンター」を立ち上げました。

それまでの約3年の間に、大槌新聞は133号を発行していました。

IMG_1269







ベルガーディア鯨山さんの帰り道、濱ちゃんがセッティングしてくれていたおかげで、菊池由貴子さんから直接、大槌町に対する熱い思いと、
立ち上がったばかりの「大槌メディアセンター」の現在の実情、
今後の展望などを聞くことができました。


週一回発行している新聞は町民へは無料で配られています。

大槌新聞の人件費は国の緊急雇用助成金を受けていましたが、
今年度は減額され、自立していかなければなりません。

新聞の広告、町内以外に有料で購読してくれる方を募ったり、
事務所の隣りの空き地に復興食堂を建て経営し、
利益を得ていく計画もありますが、同志の支援も求めています。

シャンティシャンティのチャリティ活動も、
大槌メディアセンターさんを応援していくことにしました。

IMG_1251IMG_1280







新聞は字が大きくてとても読みやすく、
町民が本当に知りたい内容が載っていると評判です。

寄付金とは別に、スタジオでも年間購読することにしましたので、
皆さんもスタジオ廊下の掲示板でぜひ目を通して見てください。

よく知るほど、大槌町を身近に感じられると思います。

今後も少しづつ、
大槌メディアセンターでの取り組みも
このブログで紹介していきますね。

これまでの支援活動における皆様のご協力、
本当にありがとうございました。

そしてこれからも末永く一緒に継続していきましょう!
今後ともどうぞよろしくお願い致します。



岩手 盛岡 ヨガスタジオ シャンティシャンティ


moriokayoga at 16:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 12, 2015

2014年度チャリティ寄付金ご報告・1

昨日4月11日(土)
濱田紀子さんと大槌町へ向かいました。

去年一年間の寄付金の合計額190,000円を、
当初からお知らせしていた
「風の電話」ボックスのベルガーディア鯨山
佐々木さんにお渡しするためです。

とはいえ実は、日取りを決めるメールの中で、
すでに佐々木さんからは

「見えられるのは楽しみにしておりますが、
今回の寄付金の受け取りは辞退させていただきます。」

と、お断りのお返事をいただいていました。

私としては去年濱ちゃんと訪れて以来、
ベルガーディア鯨山さんの活動、

ご自宅のお庭をオープンガーデンとして
被災者、その他の方に解放されていることや、
「風の電話」による心のケア支援、
「森の図書館」による子供達の感性の育み
などに賛同し、今後とも支援を継続していくつもりでした。

皆さんにも寄付金の行き先は
ベルガーディア鯨山さんです、とお伝えつつ
チャリティクラスをしていた責任もありますので、

きちんとお会いして、佐々木さんの意向を
もう一度お聞きしたいと伺いました。

去年と同じように、今年も4月にしては肌寒い、
恵みの雨に迎えられつつの再訪でしたが、
新しくなった「風の電話」ボックスや
「アンネのバラ」とも対面できました。

IMG_1233IMG_1235








奥様、祐子さんのお庭のお花を散りばめたお皿にサーブされた
お手製のチーズケーキやハーブティをいただいた午後のひととき。

IMG_1206IMG_1204







濱ちゃんは現在、震災で犠牲となった大槌町民1284名の記録を残す、大槌町の「生きた証(あかし)プロジェクト」に在籍しています。自身も被災者でありながら、残された方々から遺族の方への聞き取り、お話を伺う中での、ひとりひとり、個別の、繊細でいて難しい問題を抱えています。尚且つ、この仕事を通してもっとみんなが幸せになっていく方向への橋渡しができないかと、自問自答を繰り返している日々。
「風の電話」ボックスを通じて、残された方々の悲しみに寄り添ってきた佐々木さんとのお話は尽きず、またしてもすっかり長居してしまいました。


精力的に活動を続けている佐々木さんは、大槌町のこれからの発展のためには、今までにあるものを提供するだけではなく、新しい歴史を作っていかなければならないと考えていらして、大槌町と宮沢賢治の関わりをもっと広く知ってもらうために「大槌 宮沢賢治研究会」も発足しました。



そして、

今後の大槌町の復興には
賢治の利他精神に基づいた独自の価値観

「人のために自分は何ができるか」

「ほんとうのさいわい」

という賢治のキーワードが欠かせないと考えています。

ご自身も同じような精神に基づいて生きてこられた経験から、
この震災で大切な人を亡くした方々の
悲しみや苦しみに一緒に寄り添っていくこと、

隣りにいて、同じ方向を向いて
何もしゃべらなくても、
黙ってただ、
そばにいてあげるだけでいい。

ただ寄り添うこと。

それを寄り添わせようと、
思いだけ先走った動きをしてしまわないように
気をつけなければね。

とお話いただきました。


改めて打診した寄付金の受け取りについては、

「こちらは去年の繰越金などもまだありますので大丈夫。
もっと必要としてところがきっとあると思うので、
そちらにまわしてください」

と、再度お断りされました。

明らかに持ち出しで
いろいろな活動をされていることは存じておりますが、
佐々木さんの毅然とされた
思慮深い態度、
多くを受け取らない知足の精神に
尊敬の念を新たに抱いた次第です。



IMG_1240帰りには、岐阜県揖斐川町谷汲山の町の花である「はなもも」、桃の種で作った数珠を、佐々木さんへ送ってくださった方がいらして、「盛岡にいらっしゃる被災者の方にもどうぞ」と、濱ちゃんがいくつか預かりました。

岐阜の谷汲山は西国三十三所巡礼の華厳寺がある場所だそうです。
本当にいろんな方が、今でも忘れずに思いを寄せてくださっているんですね。
IMG_1247













今後とも佐々木さんご夫妻とは
大槌の復興を応援しながら、
お付き合いを重ねていきたいと思っています。

また後日、佐々木さんが主催する
「大槌 宮沢賢治研究会」のこともご紹介しますね。

そんなわけでベルガーディア鯨山さんを後にしたのですが、

肝心の寄付金の届け先っ!!

については次回へ続きます〜っ。




岩手 盛岡 ヨガスタジオ シャンティシャンティ





moriokayoga at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 12, 2015

チャリティ、寄付金のご報告 3/12

今年も新潟にいるTさんから
チャリティクラス1年分の寄付として
12,000円お預かりしました。

Tさんがスタジオに通っていたのは
もう2年前になります。

去年、スタジオに通っていた3年分の
寄付金を受け取ったのですが、

今年も、昨日、3月11日に
1年分として受け取りました。

『役に立つという気はなく、寄付させていただくことで、
盛岡、東北とのつながりを意識することができ、
嬉しく思っています。』

とメールにありました。

Tさん、ありがとうございます。

大切にお預かりしますね。


『忘れないでいてくれることが嬉しい』

いつもチャリティクラスの時に
濱ちゃんが口にする言葉です。

本当にそう思います。



今年のチャリティクラスの累計は
55,000円になりました。

スタジオのチャリティクラスは
「ベルガーディア鯨山」さんの活動を支援しています。
詳しくは濱ちゃんと訪れたこちらをお読みください。


次回は7月20日(月)海の日です。
11:00〜12:30

皆様のご参加、お待ちしております。



岩手 盛岡 ヨガスタジオ シャンティシャンティ

moriokayoga at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 25, 2015

2月のチャリティクラスのご報告・3

昨日のクラスの時に
Mさんからチャリティクラスへの寄付として
2,000円お預かりしました。

1月以来、中々お目にかかることが出来なかったのですが、
チャリティクラスのこと、
毎回、心に留めていてくださりありがたいです。

Mさん、いつもありがとうございます。

そして、このように皆さんと繋がることで
このチャリティクラスが継続していることを
いつも幸せに感じています。


これまでの合計額は43,000円になりました。

スタジオのチャリティクラスは
「ベルガーディア鯨山」さんの活動を支援しています。
詳しくは濱ちゃんと訪れたこちらをお読みください。


次回は7月20日(月)海の日です。
11:00〜12:30

皆様のご参加、お待ちしております。



岩手 盛岡 ヨガスタジオ シャンティシャンティ




moriokayoga at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)