October 2011

October 28, 2011

11月のスケジュール

11月のスケジュールです。
日にち変更などありややこしいです(汗)。
ご確認をお願いいたします。

◆11月のお休み

3日(木)祝日
22日(火)10:30〜リラックス
(翌日に移動しています)
23日(水)祝日
24日(木)2クラス共に。
26日(土)13:45〜アライメント。
(11時からのパワービギナーはあります)

◆クラス変更
この日のみの変更です。
22日(火)10:30〜リラックス
↓↓  ↓↓
23日(水)10:30〜リラックス


◆代行のお知らせ

22日(火)
19:00〜20:15
リラックス
アキ

25日(金)
19:00〜20:15
パワービギナー
アキ

26日(土)
11:00〜12:15
パワービギナー
アキ

29日(火)
19:00〜20:15
リラックス
ミカ

23日(水)は通常クラス、11:00〜アライメントと18:30〜パワーヨガはお休みですが、火曜日に開催している10:30からミカさんのリラックスクラスが日にち変更して行なわれます。祝日のお休みにお時間ありましたらぜひお越し下さい。

11月、お休み多くて申し訳ありません。
下旬に日本で初めて開催される
アヌサラヨガ100時間ティーチャーズトレーニングが始まり、
この後も12月、1月とご迷惑をおかけすることになるかと思います。
チケットの有効期限11月27日までの方で延長をご希望の方は
1週間延長致しますのでおっしゃってください。

寒くなってまいりましたが、11月もお待ちしております。


moriokayoga at 11:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)スタジオスケジュール 

October 25, 2011

ノリシゲさんの「SUN」と「月」

「私、ずっと前から好きだったんですよっ!!」

と、昨日のブログを読んでくれた文子さんが、
ノリシゲさんのCDを持ってきてくれました。
なんとなんとっ!
こんなつながりも嬉しいものですね♪

さっそく今日のリストラティブヨガの後、
お掃除しながらスタジオで聴いてみましたが、

いいですっ!!

好き好きっ!!

ライブで聴きたいですね。
きっとその機会もあると思うから楽しみにしておこう。

ちなみに「SUN」というCDには
1.Liquid Sunshine
2.サヨナラ
3.満月(service track.short version)

「月」というCDには
1.満月
2.夏の終わり
3.Liquid Sunshine(service track.short version)
が入っています。


arukimasyouarukimasyou_2Apeに行ったときは、
「歩きましょう」
(←こちらは2種類あるジャケット)
しかなかったので
知らなかったのですが、

取りあえずダビングさせてもらい・・・

今度売っていたらちゃんと買いますっ!


文子さんは岩手県建築士会女性委員会に入っている方で、
芝棟の活動をしています。

芝棟・・・お聞きするまで知りませんでしたが、
茅葺き屋根の上に、時々、花が咲いてたりしますよね。
あれのことですっ。

その芝棟の保存活動が、今回の震災で
『花咲プロジェクト』に発展して、
今、被災地に花を届ける活動をされています。
詳しくはこちら

先日も吉里吉里の仮設住宅に花を届けたばかりだったそうです。
いろいろ繋がってますねー。

芝棟の素敵な小冊子もありますので今度詳しくご紹介します。

ちょっと寒かったけど、いい歌を聴き、幸せな帰り道でした。

文子さん、ありがと!今度一緒にApeに行きましょうねー。



moriokayoga at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)震災後のこと 

October 24, 2011

吉里吉里の廃材カフェBar Ape

昨日は新聞で知ったばかりの吉里吉里のカフェバー Apeにも行ってきました。
DSC_0011DSC_0012







カフェを経営しているのはノリシゲさん家族。
ノリシゲさんは奥様と東京で音楽活動をしていたのですが、
震災の2日後には、実家に戻ってきました。
「浜のミサンガ」のCMにも流れています。


DSC_0005
お父様が
フェアトレードのコーヒー豆を
丁寧に煎っていました。
趣味で持っていた釣船は
北海道で見つかったそうです。
この日は22℃を超す夏日!
終わった後の生ビールを飲んでいる姿、幸せそうでした♪

DSC_0008埼玉から戻ってきたお兄さんが作る煮干しラーメン。
添加物ナシでさっぱりしているのですが
チャーシューのコクも出ていて絶品です!
お母様の実家が「まつや」というラーメン屋さんだったそうで、
その時の味を受け継いでいる、どこか懐かしい味。

DSC_0010
お店は11:00〜23:00頃まで。

ノリシゲさんはカフェ担当。
メニューはその他
釜炊き塩おにぎりや
デザートには
お母様手作りのお餅なども。


丁寧に豆をその場で挽いて入れてくれるコーヒー。

周りにはまだ何もないこの場所で嗅ぐコーヒーの香りは、
またここに人が集まり、
音楽が奏でられ、
おしゃべりと笑い合う声が響くことを予感させる香りでした。

実は土曜の夜、時間が無かったのですがちょっと行ってみようと、
暗くなりかけた吉里吉里に入りました。

何もなくなってしまった場所にポツンと建ったローソンの裏手に
そこだけ淡い光りを放っている場所があり、すぐわかりました。

廃材を使って、自分たちの家のあった場所に、
基礎はそのままに少しづつ造りあげたおしゃれなカフェバー。
いろんな方がお手伝いしてくれたとのことで、
たくさんの人の思いが、詰まっているのが、
椅子やテーブル、ストーブや、流木の棚のひとつひとつに感じられて
なんだかとっても居心地良いのです。

kirikiri
翌日またどうしても行ってみたくて、再度、濱ちゃんと遠野から吉里吉里へ。なんと、濱ちゃんの高校の同級生の親戚であったこともわかり、濱ちゃんもビックリ!

その方のご両親も見つかっていません。

堤防のない海が、すぐそこに見えます。

お昼時でもあり、次から次へと
人が引き寄せられるように集まってきていました。

そしてなんとラーメンは完売してしまい、
残念そうに帰っていく人もたくさんいました・・・。

オープンしてから初めての日曜日で予想外の入りだったみたいです。


食材のひとつひとつにもこだわって、
身体にいいもの、地球にいいものを使って、
あるもので始めていく、
できるところから進んでいく。

気負いのない、でもしっかりと今、ここに立っているノリシゲさん家族。
こういう場所を作ると、本当に、人は集まってくる。
人が集まることで、元気が生まれる。
その場に行って、そのエネルギーを感じてきました。

ノリシゲさんと2日にわたり、いろいろお話しました。
イベントもしましょうと話し、これをきっかけに
繋がっていきたいと思っています。

改めて、ノリシゲさんはこんな活動をされている方です。

吉里吉里元気プロジェクト

moriokayoga at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)震災後のこと 

October 23, 2011

生まれたことを祝福する日

この週末も被災地へ。
いろんな方との新しい出会いがありました。

出会いって、こんな素敵な人がいるんだって気づくことであり、
気づくことって感動すること、
感動すると元気になる。
そういう心の仕組みを知った日でもありました。

そもそも10月22日の土曜日に大槌に行ったのは、
大きな目的があったわけではなく、
濱ちゃんのお誕生日だったので、
また久しぶりに大槌を訪れてみたいと思った次第です。

雨が降ると大槌町は水たまりでいっぱいでした。
全体がうす〜く、地盤沈下しているよう。
前までは壊れながらも建っていた建物もほとんど壊され、
どんどん目印がなくなりどこかわからなくなっている自宅の前で
濱ちゃんはお花を手向け、私と考子さんは見守ります。

近くでは一組のご夫婦が佇んでいました。
みんなこうして何もなくなった場所に
何度も足を運んでいるんだと思う。

その後は仮設住宅に移った濱ちゃんの親戚の方や
ご両親の友人の方を探すお手伝い。

点在している仮設住宅は、個人情報保護のため??
名前などが書かれた地図などはいっさいなく、手ががりは番号のみ。
同じような建物が並んで目印もつけづらく、探すのは結構大変です。
せめて仮設住宅団地ごとの名前と番号の俯瞰図があれば良いのに・・・。

先日土砂崩れがあってブルーシートで覆われている山沿いの道を
行きつ戻りつ探しました。

仮設ごとの集会所がどうなっているのか、何かする場合、
どのくらいの広さだったりするのか見てみたかったのですが、
雨足も強くあまり考えていたようには動けなく・・・
でもそのかわり、濱ちゃんのご親戚の方にお呼ばれされて、
初、、
仮設住宅にお邪魔しました。

大槌町で魚屋さんを営んでいたNさんと奥様。
お菓子やお茶を何度も出していただき、
あの時のことのもお話していただきました。

山の上から大きな黒い雲ような津波が押し寄せて、
まばたきした瞬間に、それまであったものが一瞬にして持って行かれたこと、
その引きの早さがものすごかったこと。

その後すぐ起こった火事の恐ろしさ、
ガスボンベが爆発するときの地面を揺らすような轟きと爆音。
避難していたみんなもあっちの情報、こっちの情報で右往左往しながら
火がそこまできている恐怖感と、その後の寒さに震えていたこと。

寒さには本当に堪えたとおっしゃってました。

その後、自分のトラックでガソリンの続く限りそばにいた人達を
ピストン移動で運んだこと。
自分は誰を乗せたか覚えてないのに乗った人は決して忘れず、
会うたびに命の恩人と言ってくれて
家に招かれたり、お酒を振る舞われたりすること。

何もなくなってしまった家の前に毎日行っては大声で泣いていたこと。

息子さんが迎えに来ても「嫌だ!、ここから動きたくない!」と
泣き続けていたそうです。

今でも頭がおかしくなったかもと思うほど
すぐに涙が出てきて困るそうです。

先日大槌であったお祭りを見に行ったときも泣いてしまうし、
どなたか歌手の方が訪ねて民謡を歌ってくれたときも
泣けて泣けてしょうがなかったとか。

避難所に入ってみんなでルールを決めた時、
率先して、水を流せない汚物の処理をやると手を上げたこと。
でもそれからすぐ、ご自身の両親の介護があり、
避難所を離れることになって恥をかいてしまったとか、
みんなと一緒に避難所で苦労できなかったことが今でも悔しいとか、
いろんなことを悲壮感なく、かえって私たちを楽しませてくれるように
面白おかしく話してくださいました。

そんなお話の中に、
Nさんの心の真っ直ぐさ、健全さ、素直さ、
そして今回の震災に際して取った行動のひとつひとつに、
(私がこんなことを言うのもおこがましいのですが)
なんというか、Nさんの人間性の高さを感じました。

お話を聞きながら、笑いながら、感動していました。

こんな風に、素晴らしい人達が、ひっそりと、しっかりと
この状況を受け止めながら暮らしているんだと思いました。

夜は遠野で濱ちゃんの誕生パーティ。
釜石からあやちゃんも駆けつけ、考子さんと4人で
『くいしんぼちから』へ。

ここは遠野では有名ないつも満員の人気の居酒屋さん。
濱ちゃん行きつけの店でもあり、楽しみにしていました。
持ち込みいいですよ、ということで
考子さんと合作のケーキも持ち込んで

ケーキ

♪ HAPPY BIRTHDAY ♪

ちからさんを入れての写真でも撮れてたらよかったのですが、いつもながら良い写真は撮れていません・・・。



でもここの「ちから」さん!

本当に、本当に、いい方で、
面白くて、シャイでもあるので、
きっといい方なんて言われるの好きじゃないと思うのですが、
最終的にはそうとしか言えないほどいい方です。
初対面で感動〜っ。
お店が人気なのも頷けました。

長いつきあいの濱ちゃんは、しっかりちからさんに愛されてましたね。

ゆっくりしっててね、ゆっくりしてってね、と言われ
7時半に入って、出たの3時。
いくらなんでもゆっくりし過ぎっ(汗)

最後は私達だけで、ちからさんもいろんな話をしながら
濱ちゃんを元気づけていました。

こんな人間関係があれば、何があっても大丈夫。

そう思わせてくれるちからさんの温かさが濱ちゃんを包んでいた。

そして私たちもご相伴に預かり、歓待を受け、最後は見送りまで・・・。

ちからさん、本当にありがとうございました。

そしてごちそうさまでした。



俺は人間が大好きだから。

裏切られっこともあっけど、

人間が大好きだから・・・。


明け方、ちからさんの言葉がこだまのように響く中、眠りに落ちました。 つづく。



moriokayoga at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)震災後のこと 

October 21, 2011

第3回 復興バザー

明日、盛岡駅のアイーナで第3回復興バザーが開催されます。

詳しいチラシはこちら

ブログでも紹介しましたが、Tさん達の
大船渡のラベンダーを製品化し故郷を支援して行く活動
『〜Lavender Wind〜』のサシェなども販売されます。
6a875eba370b9280135fce5b676fe444547a92f4_6_65112687_63_large
他にもたくさんの方々が出品されるようで何やらとても楽しそうです。
バザーを通して被災地を応援する、今年最後となる復興バザー。お時間ありましたらぜひ足を運ばれてみて下さい。

日時:10月22日(土) 10:00〜15:00

会場:4階 県民プラザ

お問合せ先:アイーナ管理事務室 TEL 019−606-1717

7c27e35739b9deee430864907c68f547c8228d26_6_63876744_63_large







私もこのサシェ、欲しかったのですが、
残念ですが明日はスタジオもミカさんに代わっていただき、
大槌〜遠野へ行ってきます。

大槌は仮設住宅にみなさんが移ってから初めて、3ヶ月ぶりです。

建てる土地がなく、不便な場所に点在していると聞いています。

直接行ってみて、どんな状況なのか把握した上で、

前回までのチャリティヨガ、10月1日のWSの利益分、
ミカ先生からの東京のチャリティヨガでの義援金など、
私が預かっている分がまだありますので、
何か有効にお役に立てればと思っています。


今年の最後にフラワーアレンジメントの由香さんと
仮設住宅の集会所で、皆さんとブーケやリース、
お正月のしめ飾り作りなどを楽しんでもらえたらとも
思っています。

明日のスタジオは、午前中は11時よりミカさんのクラス。

午後はお休みとなりますが、

どうぞよろしくお願いいたします。



moriokayoga at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)震災後のこと 

October 19, 2011

1dayWS、中止のお知らせ

ブログの表紙に告知させていただいていましたが、
12月3日(土)
三夏先生による
アヌサラヨガ1dayWSを中止させていただきます。

先日のWSの時にも宣伝しておりまして、
この日のお時間を空けて待って下さっていた方々、
ご迷惑をおかけして
本当に申し訳ありません。

来年改めて仕切り直して開催いたしますので
どうぞよろしくお願いいたします。

三夏先生のWSは10月1日が今年の最後となってしまいました。

三夏先生もあの時、「今年あと1回、来ますね〜」とおっしゃっていて
今年の締めのWSとして12月にいらっしゃるのを
楽しみにしていたのですが、
スタジオ側の都合で中途半端に終わらせてしまい、
申し訳なく思っております。

10月のWSは
本当に楽しかったとの声をたくさんいただいております。

来年も三夏先生には
今年以上に定期的に来ていただく予定ですので、

皆さま、ぜひ楽しみにお待ちくださいませ。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

moriokayoga at 14:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スタジオスケジュール 

October 17, 2011

秋色ブーケとハロウィンアレンジメント

昨日はアイーナで由香先生のフラワーアレンジメント教室でした。
◆カーネーション(ノビオバイオレット)
◆チョコレートコスモス
◆サンタンカ
◆ダリア
◆秋色パープルの紫陽花
◆イングリッシュローズ(ザ・プリンス)
◆バラ(イヴピアッチェ)
◆野バラ(センセーショナルファンタジー)

といった花材を使って先生の指示のもとに頑張ると、
こんな素敵なブーケができます!(くるみちゃん作)
hana 004















親指と人差し指で輪を作って、そこに放射状に挿していくのですが、
これがなかなか簡単ではありません。
フラワーアレンジメントを目指す方は、
野球の素振りのように、日夜、練習するそうです。

子供ヴァージョンはハロウィンアレンジメント。

姪っ子のミーちゃんとサーヤが持っているのは
hana 013










こんな感じに出来上がってます。
hana 012











由香先生、今回もありがとうございました!
hana 003

moriokayoga at 11:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フラワーアレンジメント教室 

October 14, 2011

「紅梅」

美しい小説を読みました。

9784163806808
癌であった作家吉村昭さんの晩年の闘病の日々を、妻であり同じ作家である津村節子さんが綴った私小説。
震災後、吉村昭さんが岩手にとても縁の深かった人だったことを知り、
『三陸海岸大津波』を読み、文芸春秋の特集で彼が癌で死んだことを知り、
身内に末期癌患者がいることもある経緯で手に取ってみた。




淡々と静かに書かれていてスルスル読めていく。
純文学というものをほとんど読まないがやはり、文章がうまいのだと思う。

あまりに淡々と話が進むので、
そしてその日常の何気ない二人のやりとりの描写に引きつけられて、

吉村昭さんがどうやって死んでいったのか知っていたのに、
そのことをすっかり忘れて小説と同じ時系列の中にいた。

そしたら急に、最後の数ページで
ミステリー小説のどんでん返しのような衝撃で彼の死の場面がやってくる。

夜中に読んでいて、声を上げそうになった。


この人は闘病の間、どうやって生きようかと思っていたのではなく、

どうやって死のうかを考えていたんだと・・・。


新作の短編を最後まで推敲している姿や
コーヒーとビールが飲みたいと一口含んで
「おいしい」と言った外の姿だけを読み進んでいたら
その日の夜、吉村昭は突然自死を選ぶ。

その意志的な死を現実に行動することによって、
オセロが全部ひっくり返ったように、
それまで見えなかった彼の思考世界が現れてくる。

そして、お互いを気遣う距離感がとても良い感じで
好感を持って読み進めてきた夫婦愛の中に、

どうしても相容れない個としての孤独というものを突きつけられた。



表紙は円山応挙の「老梅図」とある。

美しい装幀だなと思う。装幀は関口聖司さんという方。

ちょっと寂しい。

紅梅は吉村昭が好きだった木だそうだ。

凛とした孤独がある。


それにしても、最愛の人の自死を受け入れて
生き続けていく津村節子さんの孤独も
どれほどのことだろうかと思う・・・。

でも、淡々とした静かな筆致に、
彼女の個人の孤独も美しく、凛と、光り輝いている。

津村節子が、吉村昭の死の最後に
無我夢中で叫びかけた言葉がある。
本人はまったく記憶になくて、
あとでそばにいた娘から聞いたらしい。

小説の中で彼女は
「あなたを愛しているわ」でも、
「私もすぐ行くから、待っていて」
でもない、そんな言葉を夫は喜んで聞いただろうか、
と自責の念にかられている。

私はその一言を、素晴らしいと思う。

それは感情を超えた、

夫婦それぞれが持つ孤独を超えた、

作家同士が夫婦となった、魂と魂のつながりから出た一言だと思うから。

(これから読む方のためにあえて明記は控えます。)

moriokayoga at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)本のこと 

October 12, 2011

三夏先生のチャリティヨガ in 代々木公園

先日の三夏先生のWS、
1回のみの夕方からの開始だったのですが、
それはその日、盛岡にいらっしゃる前に
東京でチャリティヨガを主催していたからでした。

翌日は被災地へ。

そんな過密スケジュールで大丈夫ですか?
と聞いたのですが、全然動じない三夏先生でした。

三夏先生のブログから、

その時の様子を克明にルポしたブログを発見!!

そのチャリティヨガにもインストラクターとして
参加されたヨコさんのブログです。

ぜひ皆さんに読んで欲しいと思い、アップしますね。
読んでいて、集まっている人たちの楽しい笑い声が聞こえてきそうな、
とても心温まるチャリティヨガだったことが伝わってきました。

素敵な人の周りには、素敵な人たちが集まるんですね。

馬跳びにはやられましたっ!

私もしたかったっ〜!!



ヨコさんは2008年から一緒にアヌサラヨガを学んでいるヨガ仲間ですが、
何を隠そう、偉い先生です。

ブログを読んでいただければわかりますが、博学ですっ。
ほとんど毎日更新されていて、ためになる記事ばかり。

さらにプラスして、
学んだことはどんどんシェアしていこうとする、
アヌサラヨガの『kula』の精神を体現している方で、
トレーニングで学んだことをわかりやすくまとめてくれていたので、
みんなで復習の教材?としても使わせていただいていたものです。
(何だか懐かしい・・・)

今回の件を抜きにしてもとってもオススメのブログです。

私も一時、夢中になって?読んでいたのですが、
いろんな事が重なって、すっかりご無沙汰しておりました。


これを機会にまた読もう〜、

楽しみをひとつ、思い出しました。

ヨコさん、ありがとうございます♪

moriokayoga at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)震災後のこと 

October 06, 2011

秋色ブーケ

IMGP048210月のフラワーアレンジメント教室です。
先日講師の由香さんから
このブログを拝見された方からお仕事のオファーがあったと聞きました。
こんなささやかなブログが
つながりを作っていたなんて・・・
なんだかとっても嬉しいです〜♪


今月は『秋色ブーケ』です。

IMG_0004













※初めて参加される方は下記の番号に事前に連絡をお願いします。
日時:10月16日(日)13:30〜
場所:アイーナ8階 807号室
レッスン料:3,000円(材料費込) ※花ばさみ持参
※参加できない場合は10日前までに連絡お願いします。

TEL:090-1030-2654
mail:moco.choco.y-1.6
の後に、

@docomo.ne.jpをつけてください。

お子さんも大歓迎です。
震災前は、お子さんはお一人1,000円プラスでしたが、
震災後は少しでも お子さんに癒やしをと思い、
気軽に来て頂けるように今は一人500円だそうです。
今回お子さんには、ハロウィンのアレンジメントを予定しています。

そろそろ岩手の紅葉は見頃を迎えますね。

このお教室は、おしゃれな器も込みの材料費ですので、
手ぶらで来て丸ごと持ち帰り、
おうちの中で短い秋を楽しむことができます。

皆さまのご参加、ぜひぜひお待ちしておりますっ!


◆由香さんのプロフィール◆

◆1993年より花の仕事につき、1996年に
「マナコフラワーアカデミー一級講師資格」を取得。
同年よりマナコフラワーアカデミー本部講師として
東京本部と東北スクールの講師をつとめる。
◆2003年に東京 表参道にある「カントリーハーベスト」に入社。
ブライダル、雑誌撮影(ゼクシィ、ノンノウェディング等)、
ディスプレーなどの仕事を経験。
◆2008年退社後 盛岡へ戻り、月に一度 アイーナにてレッスンを開催中。

moriokayoga at 10:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)フラワーアレンジメント教室