November 2009

November 28, 2009

バラの香りをかごう

アヌサラヨガのトレーニングの続きで
2日間のワークショップがあり東京に来ています。

ジョーダン・ブルーム先生の今回のWSのテーマは「ヨーガスートラ」。
2〜4世紀にパタンジャリによって著されたヨガの最古の経典です。

ヨーガスートラは4章からなり、195の格言からなりますが、
どの文章も俳句のように無駄がそぎ落とされた、
必要最小限の言葉から成り立っています。
動詞さえも抜かされたりしていて、
だからこそ、そこに使われている言葉はとても意図的で、とても大事。

と、ジョーダンのユーモアを交えた解説から始まります。

そのとっても厳選され、洗練された、第一章の一番最初の格言が

アタ ヨガ アヌシャーサナム。

アタ(今から)

ヨガ(ヨガを)

アヌシャーサナム(一緒に勉強しよう)


本当に意味のある、大事な、
そして一語に深い意味を内包している格言の一番最初に来る語が


今!   です。

この「今」にどんな深い意図があるのか・・・。

サンスクリット語の「ATHA」=「今」には
完全であるという意味もあるといいます。

過去も未来も時間すべてを含んでいる、「今」。
今は過去の結果であり、
未来の原因は今にある。

そして、過去も未来も概念でしかない。

人生には今しかない。
すべての瞬間を充分に、満ち足りて生きよう。
今は、光のようにあまりに速く、
気づく前に去っていく。

だからこそパタンジャリは、
私たちの尻を叩く意味も込めて、
「もう一瞬たりとも無駄にするなっ!」
と、第一章の一番最初の言葉に、「アタ」を使ったのだと。




満ち足りた土曜日の朝。


ゆったりと丁寧に

プラクティスが始まります。

最初は吸っては腕を上げ、
吐いては腕を下ろすだけです。
隣りにはMさんとIさん。
去年のトレーニングから一緒の仲間の呼吸の音も聞こえます。

隣り同士で上げた足を支えあうポーズでは、
Iさんが私の痛めた股関節を労わってくれる・・・

ジョーダンの長すぎる?ポーズから解放されてもれるうめき声・・・
うつ伏せになって、暫し休憩です。


「今は充分に休みましょう」


続けてジョーダンが言いました。



香りのあるうちに、バラの香りをかぎましょう。



バラはいつまでも咲いてはいないから。

moriokayoga at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)yoga 

November 26, 2009

12月のスケジュール

12月のスケジュールをお知らせします。

12月のお休み
12月17日(木)〜18(金)の2日間。

12月23日(水)祝日

年末年始のお休み
12月30日(水)〜1月3日(日)


12月の不定期スケジュール
金曜日
4日,11日
18:30〜19:45アライメント
20:00〜21:15アドバンス

土曜日
5日,12日
11:30〜12:45パワービギナー
14:00〜15:15アライメント

◆2回目以降の方は、メールでの予約、また電話が留守電の場合、こちらからの折り返しの連絡もいたしませんので、日時、お名前を入れていただいて、後は直接いらしてください。

◆キャンセルのときのご連絡も不要ですが、予約は当日ギリギリでも構いませんので、なるべくキャンセルのないようにお願いいたします。

◆リストラティブヨガはリラックス重視のクラスです。お越しになる方は、長袖などの暖かい服装、羽織るものや、靴下、顔を伏せるためのタオルをお持ちになってください。




怒涛の師走がはじまりますね。

お仕事、残業、大掃除、

そして立て続けに入る飲み会の疲れに、ヨガをどうぞ♪


moriokayoga at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スタジオスケジュール 

November 22, 2009

日常に活かすヨガ

ジョーダン・ブルーム先生の5日間のAIC兇
トレーニングが終わりました。

少し前までは講習を受けるとしばらくは
テンションが高い状態が続いていたのですが、
最近、自分の状態が違っていることに気づきました。

なんだか混沌としています。
そして今回は特に
ヨガ、そのものの勉強というより、
自分のヨガ以外の生活を見つめる時間になりました。

今回は思った以上に講義の時間が長く、
一日7時間のトレーニングの内、
動く時間は1時間半〜2時間くらい。

1時間も動かなかった日もあり、
ノートにミミズが這っている箇所も・・・。

アヌサラヨガはタントラ哲学をベースにしています。

私が今まで学んできたヨガは、クラシカルヨガの分類に入り、

世界の捉え方と、行き着く先が少し違います。


哲学は何のためにあるのか?

ジョーダンの講義はこの質問から始まりました。

哲学の目指すものは、苦しみ、不幸を減らすこと。
少しでも失くそうとすること。

解決方法は異なって、いろんなやり方がある。

世界を見る、世界を理解する、ひとつの方法が哲学。


とのこと。


多分、私がその質問をされたら、

哲学とは・・・自分が何者であるか、なぜ生きているのかを
考えつづけること・・・

みたいな、抽象的な感じのことを言ってしまったと思います。

それも間違いではないとは思うのですが、

今回の講習で改めてジョーダンが素晴らしいと思ったのは、

話すことが抽象的にならず、ずっと地に足が着いていたことでした。

現実の生活に根付く、哲学の講義だったのです。

マットの上で行なう、アーサナの練習でも

ヨガの哲学のおしえでも、

それを具現化して現実生活とつなげていくことが大事。

ヨガは世の中とよりよくつながるためにある。


ということをさまざまなアプローチで私たちに伝えてくれました。


終わった後の「お疲れさまビール」の機会も多く
去年越しで仲良くなったメンバーとの話もはずみ、
少し重量オーバーで帰ってきた5日間でした。

ヨガの勉強もいっぱいあるけど、

もっともっと、日常生活もたのしく充実させていこう〜!

忘年会の参加、お待ちしてますっ!!






moriokayoga at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)daily life 

November 13, 2009

イマージョン

明日から6日間と28,29日の週末をかけ、
アヌサラ集中トレーニングコースのレベルを受けてきます。


このトレーニング、「Anusara Immersion Training供廖AIC供戮噺討鵑任い泙后

Immersionは、集中、没頭するという意味。

6日間、ヨガに没頭できることは、
今の私にとってなにより贅沢な時間、至福の時間です。

レベル気鮗けて、丁度1年が経ちました。
多分、去年のメンバーが半分はいるんじゃないかな。
東京に出たときにちょくちょく会ってましたが、
また、しばし同じ時間をみんなと過ごせることも楽しみです。

ヨガ好きが集まって、同じ空間を共有する。

つらいポーズでふと洩れる、誰かのうめき声。

ポーズから抜けるときの安堵のため息。

伸びやかなヴィンヤサで共鳴しあう呼吸の音。

そこにうまれるエネルギーが好きです。


ヨガはひとりでも出来るけど、

スタジオでみんなでヨガする醍醐味はまた格別ですよね。



そして何よりも楽しみなのはやはり、

1年ぶりに去年同様、今回の講師、
ジョーダン・ブルーム先生に会えること。


「ハンドスタンドを習得するのに、僕は3年かかった。

でもこの練習を1日10分毎日やったら、君たちは1年後にハンドスタンドが
出来るようになるよ。

1年後にまた会いましょう」


1年前のジョーダンとの約束・・・


はい、ほぼ毎日やってました・・・


で、結論としては・・・




あと1年くださいっって感じですっ・・・。


でも毎日、あの時のジョーダンの言葉、
昼休みにジョーダンがしていた姿をいつも思い出して練習する時間は、
私にとってとても楽しいものでした。

それはやっぱり、一人じゃないって思えたから。

一緒に受けてたMさんに夏、東京で会ったときも、

ねぇ、やってる?やってる?
私、なんとなく壁、使わなくても出来るようになってきたんだけどさぁ〜

なんて話しかけられたときは、あー、やっぱりみんな練習してるんだ、
と嬉しくなったり。


いろんな思いを胸に、

そしてみんな、自分の仕事、自分の時間を調整して、

全国から集まってきます。


私も自分の都合で1週間、スタジオをお休みさせていただきます。

お越しいただいている皆様にはご迷惑をおかけして
申し訳ありません。


トレーニングを受けたからといって、

すぐには消化できないこともたくさんあります。
(特に今回は哲学のレクチャーが多い気がするし・・・)

ですが、なるべく自分をニュートラルにして、
変な思い込み、勘違いに気をつけながら、

吸収したことをクラスに反映させていきたいと思ってますので、

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

moriokayoga at 14:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)daily life 

November 07, 2009

無財の七施

今日は午前中のクラスをお休みさせていただいて、
東北銀行さんのウェルネスセミナーでヨガを指導させていただきました。

ホテルニューカリーナの大宴会場、ゆったり贅沢なスペースを使ってヨガで心と身体をリフレッシュ。その後、総カロリー700カロリー!に抑えながらも味わい深いヘルシーランチを楽しみ、今以上に社内の交流、つながりを深めていきましょうという趣旨の企画でした。


ヨガの語源は、「つなぐ」「結ぶ」。


自分の中の奥深いところでは、

誰とでも、

どんな物とも、どんな出来事ともつながっているということを、

もう一度、思い出していくのがヨガ。

今一度そのことを、身体を使って確認してみる。

呼吸を意識することでつながりを感じてみるのがヨガです。


そういう意味でもヨガはぴったりの企画!
当然、気合いも入ります。

ほとんどの方がヨガ初体験。
でもみなさんご興味があってお休みの日に足を運ばれた方々。

私が与えた印象によっては、
今日のヨガの体験が、人生最初で最後のヨガになるかも・・・

キャーっ!なんてネガティブシンキング!


いえいえいえ、

願わくば今日をきっかけにもっとヨガに親しんでいただこうっ!!


なるべくシンプルで、

なによりも動かしながら自分の内側の力強さを感じられる、

自分で自分を元気づけられる、

勇気付けられる、

そんなポーズを選んで、最後のシャヴァアーサナの心地よさに向かって身体を動かしていただきました。

天井の高い空間で行なうヨガは、また格別です。
空調の配慮も心地よく、ありがたかったです。
CIMG1186CIMG1193CIMG1191





どんなポーズでも初めての方にとっては、ヨガのポーズはきついものです。

最初のウォーミングアップから「ウウッ」との、声も洩れ聞こえましたが、
中盤にはベルトを使っての
ウッティタ・ハスタ・パーダングシュターサナにも果敢にチャレンジっ!

いい汗をかいていただきました。


どんなに呻いても、変な格好になってもいいように
女性限定にしましたっ、とおっしゃったのは今日の進行をされたIさん。

記念撮影を撮る時にも、
「余計なお世話ですが、素敵な笑顔で!」
など、ちょっとした一言がお茶目な方でした。

お声をかけていただいたのは、夏のバレーボール大会の準備体操の指導をさせていただいた時にお世話になったKさん。

Kさんとお話していると、「無財の七施」という教えを思い出します。

「無財の七施(しちせ)」とは
仏教の教えで、地位や財産がなくても誰もがいつでも容易にできる布施の行のこと。

皆さんご存知かとは思いますが、私のヨガの先生が教えてくれた、
その時取ったメモを開いてみます。

1.眼施(がんせ)
優しい眼差しで相手を見つめてあげる。

2.和顔悦色施(わがんえつじきせ)
優しく微笑み相手の方を喜ばせてあげる。

3.言辞施(ごんじせ)
思いやりを持った温かい言葉をかけてあげる。

4.身施(しんせ)
身体を使って人様のために働く。

5.心施(こころせ)
他のために心をくばり、共に喜び共に悲しみ、
他の痛みや苦しみを自分のこととして感じ取れる心を持つ。

6.牀座施(しょうざせ)
自分の席、座、居場所を譲る

7.房舎施(ぼうしゃせ)
豊かな心で雨露をしのぐ場所を与える。



Kさんを見ていつも思い出すのは2番の和顔悦色施。

なんというか、仏顔なんですよね〜。
そして声が柔らかい・・・

普通にただ事務的な話をしているだけなのに、
なんだかこちらもいい気持ちになってくるんですよね。

Kさんにとってそれは生まれ持ったナチュラルな佇まい。

私は真似して、少しでもそんな佇まいに近づきたいな・・・。



そして・・・

書いていて気づいたんですが、

ヨガってホントに、なんにも自分が持ってなくても
「無財の七施」さえあれば出来るっ!

そうか〜・・・。

先生は、ヨガと仏教のつながりの中で「無財の七施」を話してくれたのではなく、
ヨガがすなわち「無財の七施」だと伝えたかったんだ・・・。


今、・・・ほんとに今、腑に落ちました。


最後になりましたが、ご自身がヨガを楽しむ暇もなく、
いろいろと走り回っていただいたNさん、ありがとうございました。


ヨガでなくても世界はつながっていくし、

ヨガでつながればもっと嬉しい・・・

そんな一日でした。

moriokayoga at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)yoga 

November 05, 2009

Happy Birthday

ヨガに来ているご夫婦がいて、

いつも素敵だなぁと思っていて。

なんでかっていうと、
お二人をみていると、夫婦というより、
学生の頃の恋愛のノリというか、

二人ともどこか馴れ合ってない

みずみずしさを感じて。



今日のお誕生日、

そんな関係、羨ましいですとメールをする。


と、


世の中のストレス、
家族関係、
子育て、

色々ありますと返事がくる。

でもヨガやったり、私の姿見てるとすーっとしますと。



そっか、そっか・・・




実情はお互いいろいろあるけど、

頑張ってオモテに出している姿で、

お互いエネルギーの交換をしていたんですね。



私ばっかり、あちらから、
幸せのいいオーラをいただいていると思っていた。

でも私の姿も

少しでも元気出すきっかけになったり、
リフレッシュのきっかけになってるんだと思えたら、

ほっとした〜。


そしてとっても嬉しい。


古くて恐縮ですが、「元気です」という吉田拓郎の歌がある。

歌詞を要約すると、
いろいろあるけど誰かと会ったときには
言葉を選んであれこれ考えるよりも、一言、

元気ですよと答えたい、

そうだ元気ですよと答えよう、という歌です。


この歌はどちらかというと、自分で自分を励ましている歌なのですが、

それだけじゃなく、

わずかな触れ合いの中にも私たちはエネルギーの交換をしているのだから、

そのためにも

だからこそ

毎日を

元気ですよと答えていこう〜。

なにはともあれお誕生日おめでとうございますっ!!!

同い年、これからもお互い頑張りましょう!
何をかわかりませんが、何でもいいから闇雲にがんばりましょう!

読んでないけどヘッセの本のこのタイトルが好きです。

「人は成熟するにつれて若くなる」



moriokayoga at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)daily life 

November 01, 2009

月の初めに

11月になりましたね。

・・・・時間の流れ、速すぎます・・・

でもそう言うってことは何かと比較している・・・。

比較というと、物事が2つあって
そのどちらか・・・こちらか、あちらか、のような
考え方になってしまいがち。

そうではなくて、

物事はすべてひとつなんだと、
ヨガ的に?とらえてみます。

と、ある位置から表だけ見ていた自分がいました。

面倒くさがらずに自分の立ち位置をかえて、
裏にもまわってみる。

ついでに、前後、左右、上から覗いたり、
下から見上げたりしてみると物事が立体感を増してきて、
ひとつの場所から見て、
見えない側を欠けていると思っていた自分は、
なんて横着者なんだろうという気分にもなってきます。

なので、最初に戻ると、


10月の1ヶ月、たしかにあっという間でした。

やろうと思って出来なかったこともいっぱいありました。

でも、そんな中にも、

芋の子会で、あんな素晴らしい自然の恵みをみんなと味わったり、

リストラティブの講習を受け、
自分のクラスにも取り入れることを決めたり、

ミカさんのアヌサラの講習を受けに行って
仙台のインストラクターの方とも交流を深めたり。

ミカさんには、来年2月に盛岡に来てもらうことにもなったし!


そうやって思い起こしてみると

あっという間だったと自分の中で簡単にくくってしまおうとしていた中に、

大切な、濃密な時間は、ちゃんとあったんだ

リアルに、温かく感じられてくる。


時間の流れが速すぎる、なんて、

そんな陳腐に自分の時間をまとめることじゃなくて、

その時々で関わった人たちとのつながりを今一度思い起こして、
心に刻んでおくことこそ、大切なことなんだと、

すぐに横着にまとめてしまおうとする反省も込めて、
1ヶ月を振り返ってみました。


残念だったことは、忙しいのを言い訳に、
定期的に連絡をとっている遠くの友人に、きちんと心を向けてなかったこと。

一緒に住んでいる家族にも・・・特に母には、お手伝いもせず、
迷惑をかけてしまいました・・・
これは本当に反省しなければならないところです。


11月、何よりも身近な人間関係を大切にして、

そして益々ヨガを楽しんでいこうと思います〜。




moriokayoga at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)daily life