July 2009

July 30, 2009

メルマガへお礼

突然ですが、いつも読んでいるメルマガってありますか?

私は結構登録してますが、だんだん読まなくなり、
受信箱に未読のまま溜まっていたりします。

もちろん読んでいるものもあり、
その中には、本当に、無料配信でこれだけのことを書かれているって
素晴らしいなぁ〜と感動するものもあります。

そういうものは、読んでいると

無料でいつも読んでいるって悪いな・・・

せめて感想とか、お礼のメールとか出したほうが
いいんじゃないかな・・・

という気持ちが出てきて、実際何度かお礼メールを出しました。

そうするようになったのは、石井裕之さんの
『「心のブレーキ」の外し方』を読んでから。

前にも書きましたが、その中に

『なぜ感謝の気持ちを形にする必要があるのか』という章があります。

「感動したり、感謝するという感情は受動的な経験なので、
放っておいたら消えてしまう。
その感情をしっかりつかみ取って自分のものにするには
感情を能動的な行動に変えるしかない。(本文抜粋)」

何かしてもらってありがたいなと思うと、この話を思い出すようになりましたが、
なかなかいつも、という訳にはいかなく、
忙しさを理由にもらいっぱなしの事や物もいっぱいあります。



前置きが長くなりました。

ご存知の方も多いと思いますが、
コピーライターで作家の“ひすいこたろうさん”という方が出している
『名言セラピー』という、とっても素敵に面白いメルマガがあり、

毎日配信!

それだけですごいのに、内容も毎回充実していて為にもなり、
いつかお礼のメールをしなければと思いつつそのままになっていました。

先日、そのメルマガが1800回を迎えたとあり、

おお〜っ、今日こそお祝いがてら、お礼しなければ!
と初めてひすいさんにメールしました。


すると・・・


次の日のひすいさんのメルマガの
『メールありがとうコーナー』のトップに
私のお礼メールが載っていたんです!!


お礼したのに、またすぐ返された!

恐るべしっ!!!

素晴らしい人はやることが早い・・・。


私も感謝を行動にする速度をもっと速めよう〜。

『名言セラピー』とっても面白くてお勧めです。



moriokayoga at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)daily life 

July 29, 2009

電話でお通夜

「俺、・・・オレオレ詐欺です」と昨夜、酔っ払った友人から電話があった。

・・・そっか。


俳優の山田辰夫さんが亡くなったから・・・。

マイケル・ジャクソン、清志郎といい、私たちが若い頃影響を受けた方々が、
少しづつ時間を早めて違う場所に旅立っている気がする。

山田辰夫さんは、この前「おくりびと」で久しぶりに観た。

でも、彼と言えば、知る人ぞ知る『狂い咲きサンダーロード』という
今の若い方々は知らないでしょうが、
当時一部の熱狂的な映画ファンに衝撃を与えたカルトムービー
で主演デビューをし、新人賞などをとった俳優さん。

20年前、東京にいた私は、その彼にとにかく観ろ!と言われ・・・

・・・不良少年たちの抗争の話。
低予算で、画面も荒く、台詞も聞こえづらく、
私にはハチャメチャに見えた。

でもエネルギッシュで、時折ハッとするようなかっこいいシーンがあった。

なにより音楽がしびれる・・・曲はパンタと泉谷しげる。

こんな人たちがいるんだ・・・。

それは私にとって衝撃的で、しばらく聴き続けた記憶がある。

『狂い咲きサンダーロード』は彼の青春・・・だったらしい・・・。

その頃の思い出話が止まらない・・・

酔ってオヤジみたいにグダグダとごめんね〜・・・

と言いながら、止まらない・・・。


でも、聞いててイヤじゃない。素敵だなぁと思った。

亡くなった時に、その人との素敵な思い出がいっぱいあるって、いいですよね。

最近、ヨガに夢中で20年前の自分のことなんか、すっかり忘れていたが、
急に何か大切なものを思い出したような気持ちになった。



先日、ヨガの哲学の講義でも、「死」についての考察があった。

死について考えると、人生について新しい考え方がおこる。

私たちは普段あまり重要でないものを追い求めて、
一番優先するものを忘れて人生を過ごしている。

死を近くに感じると、自分にとって何が大事かを考えさせられる・・・

とカルロス氏はおっしゃっていた。


赤ちゃんがお腹の中で魂を宿すとき、

私たちは、究極的にはひとつであるという、意識も受け取る。

それは、自分という個人を超えたところにある

自分と他人、男と女など、相対的、対極的な概念のない、
最高位の意識、すべては喜びである,すべては楽しみであるという意識。

それをサンスクリット語で『ソー・ハム』と言います。

私はそれである。 私はその意識である。

『 I am that 』

インドでは吸う息がソーと聞こえ、

吐く息がハムと聞こえるという意味でも

呼吸するだけで自分が宇宙の一部だと思い出すように
マントラとしても使われます。


子宮の中では、ソーハム・・・私は最高位の意識です、

と憶えている。

でも誕生するときに忘れて泣く。
その赤ちゃんの声は、インドでは、『コー・ハム』と聞こえるそうです。

『コー・ハム』 サンスクリット語で、私は誰?

『私は誰? 私は誰?』と言って泣く。

そして自分自身が誰なのか?

自分自身を再発見する、人生という名の旅に出る。

いつも人生がただ楽しかったり、喜びであったりするわけじゃなく、

自分自身を再発見することこそが、

本当の楽しみ。本当の喜び。

山田辰夫さんは、早くに俳優という自分の喜びを見つけ、
全うしてこられたのではないでしょうか。

早すぎる・・・という言葉はいつも付き物ですが、

寿命は、

よく頑張ったね、もう休んでいいよ。

と言われたということでもあると思いたい。

そういう意味では、生きている私たちは、

まだまだやることが残っているから、生かされているのか・・・。



「二人で冥福を祈ろうよ・・・お前も酒飲めよ!」

おーおー、だんだん絡んできた・・・そろそろ切ろう・・


「おくりびと」、短い場面だったけどいい演技してましたね。
印象に残ってます。

心から、ご冥福をお祈りいたします。

moriokayoga at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)daily life 

July 27, 2009

8月のスケジュール

8月のスケジュールです。ご確認をお願いします。

◆8月のお休み

お盆休み14日(金),15日(土)


◆金曜日と土曜日の 不定期スケジュール
金、土、同じ週にない日がありますので、お気をつけください。


金曜日:7月31日、8月7日、28日
アライメントヨガ
18:30〜19:50

土曜日:1日、29日
パワーヨガ
11:00〜12:20


◆2回目以降の方は、メールでの予約、また電話が留守電の場合、こちらからの折り返しの連絡もいたしませんので、日時、お名前を入れていただいて、後は直接いらしてください。

◆キャンセルのときのご連絡も不要です。

◆7月から回数券に有効期限がつきます。6回チケット、3回チケット、共に有効期限3ヶ月です。よろしくお願いいたします。


金曜、土曜日のクラス、いつも同じ週でしたが、今月は変則的になっています。
ご確認をお願いいたします。(7月31日金曜日あります)
今月の土曜クラス、間が空いてしまい、申し訳ありません。

8月は懇親会ありませんが9月に向けて企画中ですので、
また後日お知らせいたします。

暑い日にヨガで汗を流した後の
シャヴァ・アーサナ(屍のポーズ)はまた格別です!

夏バテ気味で疲れている日も、思い切って寄ってみてください。
暑い日は、疲れを取るポーズも取り入れていきます。

それでは、8月もよろしくお願いいたします!!


moriokayoga at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)スタジオスケジュール 

July 26, 2009

中津川アースディマーケット 続き

行ってきました、アースディマーケット。
お天気にも恵まれてほっとしました。

ブラブラしながら、まずは野菜と小豆とエゴマをゲット。
CIMG0752
『〜自然が生んだ大地の恵み
〜二戸高原農場』の
上野剛司さん。

雑穀の生産、販売に力を入れています。




CIMG0753真ん中がエゴマです。

エゴマはじゅうねんとも呼ばれていますが、
二戸では『じゅね』

そしてなんと、ゴマもちのゴマをエゴマで作るそうです。

なんて贅沢っ!!

黒ゴマの時と同じように、炒って擂って醤油や砂糖で味付け。
お味噌を少し入れてもおいしいらしい。

そんな『じゅねもち』、10月頃またここでマーケットがあるそうで、
その時は、実演販売しますとのこと。
楽しみです〜。


CIMG0755ランチには、花巻のマクロビオティックカフェ・レストランで有名なSobe's Cafe(ソーベーズ・カフェ)の寿司ロールと車麩カツレツベーグルサンドを購入。

寿司ロールに入っていた、大豆たんぱくで作った『畑のお肉』がとってもグ〜っ。。

車麩が好きでよく煮物に入れますが、時間がたつとデロンデロンになってしまうので(わかります?)こっちの方がいいかも・・・これも買っときました。

CIMG0756シェフの福士正満さんからはおいしい玄米の炊き方をお聞きしました。

丁寧に教えていただき、ありがとうございました!

ソーベーズで出す玄米は圧力釜で直接炊くのではなく、その中に陶器の鍋を入れて、湯煎にかけるのだそうです!
その方がお米が均等にやわらかくなり、焦げたりもしないとのこと。
う〜む・・・いろいろなやり方があるのですね。

カムカム鍋というそうです。
おいしい玄米の炊き方、詳しくはこちらをどうぞ

ちょうどお昼すぎ、じりじりと暑くなってきて、
川原では子供たちが水遊び。

川原からの照り返しで、汗がツーツー流れてきますが、
川の流れが目に涼しさを与えてくれます。


のどかでいいなぁ〜。

全体像の写真でもあればよかったのですが、
自分の食べるものの写真しか撮ってなかったのが私らしい・・・。


こういう素敵なイベントを開催していただいたスタッフの方々にも感謝します〜。

また秋にもあるとのこと。

もっと盛り上げて、岩手の自然と豊かさを楽しみたいですね。

moriokayoga at 22:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)daily life 

July 25, 2009

中津川アースディマーケット

今日と明日、中津川の河川敷で

中津川アースディマーケット2009が開催されています。

私たちの生活にとってなくてはならない安全で新鮮な食材を、
『買うこと』と『食べること』をしている私たち消費者。

その奥には『作ること』をしている生産者がいますが、なかなか生活の中で生産者の方とつながっているという実感を持つことはできませんよね。

最近はみなさん、安全には気を使っていると思います。


無農薬、国産、などと表示されていれば、まぁ大丈夫だろう・・・。


でも実は、科学肥料や農薬の使用を極力控えて作っていく過程は、
一方ならぬ手間と根気、愛情がいるものですよね。


アースディマーケットは、

そんな頑張っている生産者の方々と私たち消費者が
直接会話を交わし、つながっていける場だそうです。


掃除をすればするほど部屋に愛着がわき、

好きな服は着ればきるほど愛着がわいて捨てられなくなるように、

『買うこと』、『食べること』の奥にある、

『作ること』、『届けること』を

こちらからも積極的に知ってつながることで、
自然豊かな岩手の地に、もっともっと愛着がわくような気がします。

岩手の良いものを『作ること』と『買うこと』で、生産者と消費者がお互い発信していくことが活性化されれば、地域内循環、地域内自給という仕組みが楽しみながら、広がっていくんでしょうね。

これはすべて、そんな活動をしている私の友人の受け売りですが、
聞いていて私も少しでもその活動に、生活レベルで参加していきたいなぁと思いました。


採れたての新鮮野菜や、安全でおいしい加工食品を
生産者の方が、直接販売、
おいしいものも、いろいろ食べられますっ!

アート部門もあり、手作りアートも並ぶそうです。

明日、26日は11時〜15時。中津川河川敷で。

まずは、明日、お天気もどうなるかわかりませんが、
お時間ある方、足を運んでみませんか?

私も行ってきますっ!(近いし・・・)



moriokayoga at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)daily life 

July 22, 2009

皆既日食とタントラ

お昼過ぎにお友達から、皆既日食の写真が携帯に届きました。

湘南に住んでいる友人から送られてきたものだそうで、
幻想的な暗闇が、まさに今、太陽を覆おうとしているところを
とらえていました。

思いがけない写真の贈り物に感謝です。
Mさん、ありがと!

04[1]
夜に輝く、三日月のようにも見えます。
でも、
昼に姿を隠す太陽。
まったく別のものが、同じように見える写真。


そして、

同じものが、まったく別のことにみえることもあります。


おお〜、これこそ、週末に学んだタントラの世界!

タントラの中でも、ヒンドゥータントラの、
またその中の5つの学派のうちのひとつ、
『プラティヤビニヤ
・・・すでにあることをもう一度知ること。認識すること』

の部分を学んだのですが、そのタントラの考え方には
出来事には5つの行為があり、

その2つが、まさに今日の皆既日食、

『隠匿』と『啓示』

なんだなぁと思いました。

隠すことと、現れること。

忘れることと、思い出すこと。

収縮することと、拡散すること。

なぜ太陽は隠れるのでしょうか?

それは、

もう一度、気づくため。

もう一度、思い出すため。

もう一度、深めるため。

隠れること、忘れることは、もう一度気づく、

もう一度認識する喜びのためにある。

太陽が隠されていくことの神秘的な世界に、

そしてまた現れてくる輝きに、

それだけのことに、人々は、歓喜しています。

いつも出ている太陽が、一瞬隠れることで、
今までと違う神秘の世界を体験するワクワク感が生まれ、

また現れることによって、改めて、太陽の存在の美を認識できる。


隠れることと、また現れることの喜びは、
皆既日食の中にもあったんですね。




カルロス・ポメダ氏のワークショップ。
初めてのタントラ哲学の講義は、
奥深い哲学をわかりやすく・・・
というのは、決して社会学とか、宗教哲学、超神秘学みたいなものではなく、
私たちの生活にどう生かすかという視点から、
お話していただきました。

タントラ・・・どちらかと言うと、あまりいい感じではない
イメージが日本では強いと思います。

私も「タントラ」と聞くと、なぜか反射的にインドのカジュラホの遺跡・・・
男女のあまりにも開放的な彫像が
つい浮かんできてしまっていたのですが、

タントラの根幹を成す思想は

『すべては、究極的にはひとつである』

です。




すべてはひとつである。

この宇宙、世界は、ただひとつの『最高位の意識』からつくられた。

その意識とは、喜び。

意識という言葉の意味ですが、私たちが普段使うような、
意識して行動する、・・・などの意味ではなく、


私たち個人の、それぞれの意識ではなく、生きとし生けるものすべての意識、

「究極のひろがり」

のことです。

自分が感じられる感情や、
自分の意思だと思っている意識や、
これは、自分の身体だと思って体感しているものを
超えたところに、

私たちの本当の意識があって、

私たちの本当の本質があって、

それは、喜びというただひとつの『最高位の意識』のこと。

・・・だんだんわかんなくなってきましたね。

私もですっ!(汗)

続きはまた今度〜。



moriokayoga at 18:51|PermalinkComments(3)TrackBack(0)yoga 

July 16, 2009

カルロス・ポメダ氏、来日。

ttco_kp_1





明日から4日間、東京です。
今回はほとんど講義、身体を動かす機会があまりないので
ヨガマット持参、東横インの部屋の隅で自主トレしなければと思っております。

アヌサラヨガの創始者、ジョン・フレンド氏を始めとする、
世界中のヨガ講師が崇拝する哲学者、カルロス・ポメダ氏の講義です。

私が受けるのは、

◆瞑想の奇跡 き
◆タントラ哲学 き
◆カルマの神秘と魂の旅 き

特にアヌサラヨガのベースになっているタントラ哲学の講義を聴くのは初めてで
とっても楽しみにしています。

なにしろアヌサラヨガが取り入れているタントラ哲学の『カシミヤシェーヴィズム』は日本語に訳されている本もほとんどなく(あっても絶版)手元に資料を集めることが出来ません。

1回、聴くだけではどこまで理解できるのかわかりませんが、
これから末永く学んでいくための
最初のほんの一歩を喜びたいと思います。

4日間のうちの1日は友人のコーチングセミナーも受けてきます。

コーチングもヨガも自分の中で熟成させつつ、
少しでも日常の生活に役立つ話題をお伝えできればと思います。

それでは素敵な週末を!!

ちなみにカルロス・ポメダ氏はこんな方です。

Carlos<Carlos Pomeda カルロス・ポメダ プロフィール>
スペインのマドリッド出身であるポメダ氏は、33年間に渡り全般的なヨガの伝統的トレーニングを受けました。9年間のインドのシッダ・ヨガ・アシュラムでのスワミ・ムクタナンダ、スワミ・チッドヴィラーサナンダの門下での修行を含む18年間は、サラスヴァティの慣例に沿って僧侶(スワミ)として過ごしました。
このアシュラムで様々なインド哲学の研鑽を積み、ヨガの修行に没頭することでその学派にて上級僧侶となり、世界中の何千人、何万人という生徒達に瞑想と哲学の指導をしました。彼はこの経験や授かった伝統的なトレーニングと、バークレー・カリフォルニア州立大学(教鞭を取っていた事もある)で取得したサンスクリット語の修士、サンタバーバラ・カリフォルニア州立大学での宗教学修士といったアカデミックな学歴の両方を兼ね備えています。
現在はテキサスのオースティン在住。最近、「ヨガの英知」という歴史、哲学、ヨガ伝統の実践を題材にしたワークショップDVD6枚組をリリースしました。
(www.yogakula.comにて購入可能)
現在ポメダ氏は世界中を周りながらヨガの英知やそれに関連するコース、セミナー、ワークショップ、レクチャーなどを開催、指導しています。
教師としてもポメダ氏はインドヨガ伝統への愛、洞察力やユーモア、観客との連帯感、そして何より捉え難い経典の教えを明確に、意味深く、現代に適応させられるといった能力を高く評価されています。
ポメダ氏との学びは、心より楽しむことができ啓発的な経験となるでしょう。
ワークショップ詳細


moriokayoga at 16:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)yoga 

July 14, 2009

梅雨の晴れ間

火曜日の午前中は、みたけにある
金沢内科クリニックでヨガです。

7人も入るといっぱいのお部屋ですが、
部屋の一面が窓でいつも明るい光が差し込み
気持ちのいい場所です。

スタジオの時間は、ほとんどが夜からなので残念なのですが、
午前中にするヨガというのは、また格別です。

今日の朝はとってもいいお天気です。

昨日の雨で、埃や汚れも流されたかのように
空気も透き通っています。

ルンルン気分で、車に乗り込みます。

最近ipodにアヌサラヨガ、ジョン・フレンドのワークショップの
DVD「Growing Lotus」の音声だけを入れて聴いています。
(DVDの音声だけ入れるって、簡単だと思ったら結構大変!
わけわかんないまま四苦八苦、半日かかりました・・・)


光に

風に

そして、地球の豊かさに心を開きましょう〜


ipodから流れる通訳のヤスシさんの声に開眼です!

見渡すと車は夕顔瀬の奥州街道を走っています。

右には北上川が流れ、木々がざわめき、

正面にはくっきりと岩手山が見えます・・・・


見渡せば、盛岡は地球の豊かさに囲まれているのでした。

自然と自分をつないでいるのは呼吸・・・


クリニックでのヨガが始まります。

窓を開け、皮膚で風を感じ、

瞑った瞳から光を感じ、

自然と自分の境界線をなくすように
呼吸していきます。

動く必要もないような、

座って

呼吸するだけで自然と溶け合えるヨガもいいな・・・


なんて思いながらも今日も皆さん元気です。

通院されていて、不調を抱えていらっしゃる方も多いのですが、
エネルギーを内に秘めている方ばかりです。

バランスのポーズでの一生懸命さでわかります。

なんか、こう・・・素晴らしいんです!

伝わってくるものがあります。



窓を開けているので、少しづつ、外の気温が上がってくるのも感じます。

空は、雲が増えてきました。

夕方からは恵みの雨です。

スタジオからの帰り道は誰も見てないしと思い、
パンツの裾をまくって濡れないように帰りました。

とりとめのない文章になってしましましたが、
光と雨の両方を見せてくれた今日の自然の豊かさに

ナマステ〜♪

moriokayoga at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)daily life 

July 12, 2009

タイ料理!

昨日は中ノ橋にある『バイマックルー』さんで待望のお食事会でした。
ランチはよく行くのですが、夜に食べたことがなく、
この前の懇親会で、じゃあみんなで食べに行こう〜って話に。

総勢24名!でお邪魔しました。

メニューは

◆えびせんべい:カオ・クリアップ・クン
ビールのおつまみに。

◆生春巻き:ポーピア・ソッ
ムギュっ!としっかり巻くのがおいしさの秘訣かな?
甘酸っぱいソースも好き!

◆牛肉のサラダ:ヤム・ヌア
一番辛かったけどパクチーも効いてグー。

◆鶏のから揚げ:ガイ・トート

CIMG0723
◆海老のカレー炒め:クン・パッポン・カリー
カニが有名ですが、海老もいいです!
殻ごと天ぷらみたいにしてあの卵とじカレーソースがかかっていました。

CIMG0727◆グリーン・カレー:ゲーン・キョウワーン
ランチでもお馴染み。日本人向きにあんまり辛くなく、どちらかというと甘めなところも好きです。
◆トム・ヤン・クン
お腹いっぱいのところでいただいたら、レモングラス

CIMG0728の清涼感でまた食べれそうな感じに・・・

◆タピオカココナッツ
甘たる〜いのがいいんですよね〜。


写真、おいしそうに見えません・・・が、
とってもおいしかったです。

今回は4回目となる懇親会ですが、地道に、定期的に
こういう会をするっていいですよね。

少しづつ、親しくなっていく楽しさを感じています〜。

飲み会だけで顔を合わせるメンバーもいますが、
それがまた自然な感じも出てきたし・・・

前回は話してないけど顔を憶えているだけでも
次回会ったとき、すぐ親しくなれたりするし・・・

今回はテーブルをひとつにまとめたので
(ちょっと長すぎ?)みなさんにちょこっとづつ
自己紹介もしてもらったし・・・

アンケートも書いてもらったし・・・

ご参加の皆様、ありがとうございました〜。

気負わず定期的にやっていきますのでまたよろしくです!
CIMG0730CIMG0737CIMG0743

moriokayoga at 20:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)daily life 

July 09, 2009

おめかしきゅうり

自宅のお庭の採れたてきゅうりをレッスンにお越しいただいている
ご夫婦からいただきました。

CIMG0715
ちょっとおめかし〜。


雨の鬱陶しさもどこかに飛んでいくようなお茶目な心遣いが嬉しいです。

Oさん、Hさん、ありがとうございます!

きゅうりと言えば、最近のお気に入りはアボガドのサラダ。
食べる美容液〜!ということで昨今大流行??ですね。
私が作っているのはちょっと前のクロワッサンに載っていた
有元葉子さんのレシピです。

まずは、きゅうりと玉ねぎの塩マリネを作ります。

きゅうり2本、玉ねぎ中1個を輪切り、あまり薄くなく、ザクザク切る。
塩大匙1をまぜて蓋をして冷蔵庫で2時間以上置く。
ここがポイント!
水気がたっぷり出るので軽く絞り、
オリーブオイル大匙2〜3、酢大匙1、黒胡椒適量まぜる。

これがサラダの元の万能選手!

あとはアレンジで、トマトとシソ混ぜバージョン、
茹でたジャガイモ混ぜバージョン、などいろいろ出来ます。

アボガドの場合、アボガド2個をゴロゴロ切って
レモン汁1個分混ぜたものと、さっきの塩マリネを合わせるだけ。

ヘルシーでおいしい美容食です。

お試しあれ〜。

moriokayoga at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)daily life