July 17, 2017

7月のチャリティヨーガご報告

今年4回目のチャリティヨーガでした。

今回も参加出来なかった方からも
寄付を預かり
16,000円になりました。

今年の累計額
58,000円になります。

皆様のご協力、ありがとうございました。


今年も引き続き全額を
「大槌新聞」へ寄付します。

詳しくはこちらこちらをどうぞ。

2日前、15日は濱ちゃんと大槌町へ行き、
ヨーガをしてきました。

濱ちゃんの所属する
大震災の「生きた証を記録し語り継ぐ会」が
毎月大槌町で交流会をしておられ、
今月のテーマは「健康づくり・ヨーガ体験」ということで
私も呼ばれ、地元の皆さんと楽しんできました。

ついつい足が遠のいてしまい、
気がつけば2年ぶりとなっていた大槌町は
メインの道路はもうしっかりと整備され、
気持ちよさそうに真新しい住宅が立ち並び
これから形作られようとしている街には、
前向きな清々しい気配がありました。

この日もとても暑い一日でしたが、
時折吹き抜ける潮風がなんとも言えず心地よく、
照りつける陽射しの似合う街なんですね。

この会は、遺族の方を対象にしているので、
私のほうも多少の緊張があり、
いつもお伝えしているシャバアーサナは、
「屍のポーズ」ではなく
「寝るポーズ」と言ったほうがいいのか??など、
余計な考えを巡らせていたのですが、
お会いした地元の方々は、
私のそんな小さな考えを覆す、
人生の苦難をひと山もふた山も乗り越えたこその
明るさとバイタリティに満ちていました。

何か少しでもお役に立てれば。。。
なんて思いは吹き飛ばされ、
かえって、元気や、明るさ、優しさをいただいたような、
受け取るものの方が多い一日でした。

何か、とても大切なものが、ここにある。

と感じました。

今、という、このひとときを、充分に味わおうと、
もっともっと楽しもうとしている80代の方。

この、自分の場所で、今という時をしっかり捉えている、
その実感の確かさがバイタリティとなって輝いている70代の方。

皆さん、見た目もお若い!!

こんな機会を与えてくれた濱ちゃんにも感謝です。
せっかくの大槌町とのご縁、
なくさず、つながっていきたいなと思います。

今回は大槌新聞の由貴子さんにはお会いできず残念だったのですが、
また、次回はぜひ、
いろいろとお話も伺ってこようと思います。



次回のチャリティヨーガは
9月18日(月)祝日
11:00〜13:00を予定しております。

今後も皆様のご参加
お待ちしております。




岩手 盛岡 ヨーガスタジオ ヨーガ ピラティス シャンティシャンティ



moriokayoga at 23:55│Comments(0)震災後のこと 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔