October 13, 2012

隣りの人

今日の東京に向かう新幹線で。

仙台から年配の女性が隣りに座りました。
私の母の母くらい。

背筋をピンと伸ばして文庫本を取り出し
栞のところから読み始めます。

なんだかそのピンとした姿勢が気になりました。

時々最初のページに戻ります。

東北を舞台にした時代小説のようで、
最初のページに東北六県の昔の地図が載っているようです。

丁寧に指でなぞるように確かめてはまた読みます。
熟読しているようです。

途中、コーヒーを購入しました。

前に出していたテーブルの上に、
眼鏡ケースがあったのですが、
その中にビニール袋が畳まれて入っていました。

コーヒーに砂糖、ミルクを入れると
そのビニール袋を取り出し、ゴミを入れバックにしまいます。

用意周到です。

ゆっくりゆっくり飲みながら、
読書されていました。

私より一つ前の上野で降りるようで、
アナウンスが知らせると用意を始めました。

上野で新幹線が止まりました。

席を立つと、なんと!

「お世話様でした、それではお先に失礼します」

と、私に挨拶するではありませんか!

丁寧に熟読する姿勢。
準備のよさ。
そして袖が振れ合った私に対する一言・・・。

会釈くらいはすることがあっても、
こんな風にさりげなく、
きちんと言葉にすることはなかなか出来ません。

座られたときから、滲み出ているものがありました。
年季が違います。

素敵な方の隣りに座れました。



岩手 盛岡 yoga studio シャンティシャンティ

moriokayoga at 23:43│Comments(0)TrackBack(0) daily life 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔